国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
}管理人のつぶやき:「日本ってやっぱ凄いよ」 日本の日常のふとした光景に外国人が感銘!

台湾

ワイ「ここが台湾かぁ…とりあえず駅前で台湾っぽいもん食うか」

b34

1: 風吹けば名無し  2017/06/25(日) 16:09:16.40 ID:zJ/YxVeM0

駅前、駅地下「吉野家!山崎パン!大戸屋!丸亀製麺!
ミスド!マクド!モス!謎の寿司屋!今川焼!」
ワイ「」

357: 風吹けば名無し 2017/06/25(日) 16:40:29.54 ID:dwlQdRw4a

>>1

西門か東門いけや
続きを読む

ネット「台湾は親日!台湾に行き台湾!日本語通じるで!」ワイ「行ってみるか」

k184

1: 風吹けば名無し  2017/06/05(月) 02:00:56.92 ID:sttwc9rt0

ワイ「話が全然違うやんけ…まだ韓国に旅行した時の方が優しくしてくれたわ」

796: 風吹けば名無し  2017/06/05(月) 03:22:27.50 ID:njM5xn830

>>1

ワイが台湾行った時は割と日本語通じたぞ
その辺のおっさんとか日本語分からんのに道教えてくれたし悪い所ではない
続きを読む

日本国、23年も愛し合った日本人と台湾人のカップルを引き離すことを決定

b848

1: 風吹けば名無し 2017/03/21(火) 09:10:03.47 ID:/VAWH27ia

日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに
国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する
「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、
国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。

原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、
1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回入国した。
日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。
男性は翌年、エイズウイルス(HIV)への感染が分かり、
パートナーの励ましのもとで治療を続ける。一方、パートナーが抑うつ的になって
働けなかった時期は男性が家計を支えるなど、お互いに精神的な支柱となってきたという。

特別許可が下りなかった理由は不明だが、法務省のガイドラインは
許可すべき要素として日本人との結婚を挙げており、男性側は
「同性カップルゆえに夫婦同然の関係が考慮されなかった」と主張。訴訟では、
入管側の裁量権逸脱を認め退去強制令書の発付処分などを取り消すよう求める。

同居を始めて23年がたち、パートナーは50代後半になった。
異性カップルだと、事実婚でも退去強制処分が取り消された判例は少なくないという。
男性は「2人で年を重ねてきた。彼は私の家族。日本で一緒に、
静かな老後を迎えたい」と訴訟に期待を託す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci
続きを読む

台湾人「日本で電車に乗ると駅員は優しいのに乗客は不親切」

b714

1: Ψ 2017/02/12(日) 18:38:49.41 ID:WgMPUjPy

記事は、日本に住む姉を頼り、幼児2人を連れて
日本旅行にやって来た台湾人女性の経験談を紹介。
ベビーカーを押しながら東京の地下鉄に乗ったが、
混雑ぶりに難儀したうえ「数十分電車に乗っていたが、
誰も席を譲ってくれなかった」とした。
また、ホームではエレベーターを探すも見つからず、
ベビーカーを持って階段を上るも乗客は誰も手伝って
くれなかったうえ、何度も乗客にぶつかられたと伝えている。

やがて、困っている様子に気付いた駅員に助けてもらうことができたというが、
この女性は「どうして駅員はこんなに親切なのに、
乗客はこんなに不親切なのか」とつぶやいたとのことである。

記事は「日本人の礼儀正しさや行き届いたサービスは春風のようだが、
初めて日本を自由旅行した人は逆に人びとの冷淡さを感じ、
その『温度差』にうろたえる。特に子連れのばあいはそれが強くなるのだ」と説明。
さらに、「日本人の親切心は義務感によるもの、
台湾人の親切心は天性によるもの」としてこの女性を慰めたことを紹介した。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170212/Searchina_20170212007.html
続きを読む

【感動】台湾留学生の劉さん、東京で落とした財布が宅配便で自宅に届き感動!会ってお礼がしたいと送り主探す!

b27

1: ローリングソバット(茨城県) 2016/12/21(水) 21:28:17.80 ID:yS+vES2O0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

(台北 21日 中央社)東京で紛失した財布が
宅配便で神戸の自宅に届いた――
台湾出身で神戸大学の大学院生、
劉霊均さん(31)が「お礼がしたい」と送り主を探している。

劉さんは15日に通訳の仕事のため上京。16日夜から翌朝にかけて
新宿区内でお酒を飲み、気づいた時には現金2万円とクレジットカード、
運転免許証、そして在日外国人が必要な在留カードが入った財布がなくなっていた。

「本当に焦った」劉さんはそう振り返る。
手元にはたまたま金融機関の通帳が残り、現金は引き出せた。
だが、場所柄「返ってこなくてもおかしくない」と思い、最悪の事態を覚悟した。

20日に神戸の自宅に戻り、身分証明書などの再発行に
必要な書類を集めようとしていた時に届いたのが、財布が入った宅配便。
「(中の現金は)1円も減っていなかった」(劉さん)。
同封されていた手紙には「どうぞお気を付けて。
素敵なお正月をお迎えください」と書かれていた。
だが、差出人は「M」とだけ記され、世田谷区内から送られた以外は何も分からない。

「優しい人なんだと思います」。
劉さんはきちんと会ってお礼がしたいと話しており、
「メールアドレスに連絡を」と呼びかけている。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://japan.cna.com.tw/topic/column/201612210001.aspx
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
イメージ
イメージ
イメージ