b956

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 19:09:25.65 ID:???*.net

韓国政府が世界遺産登録に反対したことからもわかるように、
韓国にとって軍艦島は、第二次世界大戦時に
「朝鮮人労働者が強制徴用を強いられた場所」として認識されている。
いわば、“日韓の遺恨”の象徴といえる場所だ。タイミングがあまりにハマりすぎているが、
現在韓国では、そんな軍艦島をテーマにした映画の企画が進行中だという。

“軍艦島映画”のメガホンを取るのは、リュ・スンワン監督。
リュ監督は『ベテラン』の準備段階前から、
強制徴用を取り扱った小説の作家に会うなどしながら
軍艦島映画の脚本を執筆してきたそうだ。

軍艦島映画のキャストや詳しい公開日はまだ明らかになっていないが、
さまざまな韓国メディアの報道を総合すると、
あらすじは「第二次世界大戦中、韓国の重要人物が強制徴用で軍艦島に連行された。
彼らを救出するためにアメリカの特務機関、諜報機関である“OSS”と
韓国が手を組んで、日本軍と闘う……」というもの。

これを聞く限り、日本を悪者扱いする映画になることだけは間違いないのかもしれない。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150714/Cyzo_201507_post_18701.html
続きを読む