国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
}管理人のつぶやき:「日本ってやっぱ凄いよ」 日本の日常のふとした光景に外国人が感銘!

ソ連

ソ連軍捕虜として“シベリア抑留”を経験した旧日本軍兵士が生存か 1927年生まれ 北海道出身「タナカさん」

b10

1: 名無しさん@涙目です。(家)  2017/06/05(月) 23:34:16.47 ID:IqhV/owB0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典

シベリア抑留の日本人生存か=身元確認進める-ロシア 
  
第2次大戦終了時に旧満州(現中国東北部)で
ソ連軍の捕虜となり、シベリアに抑留された日本人とみられる男性が
ロシアのレニングラード州で生存していることが5日、分かった。
この男性はタナカ・アキオさんとされ、在サンクトペテルブルク日本総領事館が
身元の確認を進めている。

生存を報じた週刊紙「論拠と事実」によると、
タナカさんは1927年生まれで北海道出身。
学校卒業後、10代で満州の関東軍に入り、前線で戦った。
45年に捕虜となり、極東ハバロフスクの収容所で10年間強制労働に従事した。
抑留者の帰還が始まっても「帰還すれば、裏切り者として絞首刑になるか、
銃殺刑になると信じていた」というタナカさんはソ連に残った。

タナカさんは60年代にソ連国籍を取得。
ウラジオストクで船員として勤務した後、レニングラード州に移って農場で働いた。
現在は年金生活に入り、1人で暮らしている。

タナカさんの父は北海道で旅館を経営していた。
日本のきょうだいに手紙を書いたこともあったが、返事はなかった。
タナカさんは「祖国がどのように変わったか見てみたい」と話しているという。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.afpbb.com/articles/-/3130926

15: 名無しさん@涙目です。(秋) 2017/06/06(火) 00:02:07.52 ID:5tL07eyS0

>>1

>>日本のきょうだいに手紙を書いたこともあったが、返事はなかった。

・・・
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「戦車のハッチに鍵をつけたりボルト留めしたり溶接した恐ろしい国」

b484

749: 名無し三等兵 03/12/15 17:57 ID:???
 
 これだけでは何なので。

 大戦初期、ソビエトの戦車にはハッチに鍵がついていた。
 ただし、内側からロックを解くことはできない。

 ・・・もちろんその理由は、
 搭乗員が逃げ出さないようにであるのは言うまでもなし。
続きを読む

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「逃げ場のない戦車」

b311

946: 本当にあった怖い名無し 2006/09/03(日) 23:33:50 ID:Dmw0SSLN0

ドイツだったかで戦場で破壊された戦車を屑鉄扱いで回収して
自動車の材料に再利用したら原因不明の事故が多発したという話は聞いたことある。

947: 本当にあった怖い名無し 2006/09/03(日) 23:38:12 ID:Qg4GOBPr0

>自動車の材料に再利用

飛行機は大丈夫なのになんでだろう?

948: 本当にあった怖い名無し 2006/09/04(月) 00:30:37 ID:f2zcQoWSO

東京タワーはどうなんだ?
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「ソ連式砂漠農地化計画:原爆を一列に等間隔に並べて爆破」

b484

366: 名無し三等兵 03/11/18 02:14 ID:???

米軍包囲下のウォッゼ島では輸送が途絶え、
その上爆撃で滅茶苦茶になっていたので極度の飢餓状態にあった

あろうことか食料分配をめぐって日本兵同士で銃撃戦をして、
戦死者を出す有様だったそうだ

367: 名無し三等兵 03/11/18 02:18 ID:???

日清戦争の際、荷物の輸送が1日遅れた責任を感じて、
指揮官の将校が切腹する事件がおきた
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「関特演のときに徴兵された人々と奇妙な一文」

b698

120: 眠い人 ◆gQikaJHtf2 03/11/08 17:35 ID:???

1945年7月25日、New Yorkは深い霧に包まれていた。

この日、Bostonを8時25分に離陸したB-25Dは、
10時までにニューアーク空港に着くべしと言う命令を受けて
いたが、霧の中有視界最低高度1000ftを下回る高度500ftで
視界不良の儘、計器飛行を行ない、9時55分、
エンパイアステートビル79階に激突。
死者16名、負傷者26名を出した大惨事となった。

このビルの中のエレベータのうち1基が、
20歳の若妻であったエレベータガールを乗せたまま、地上78階から
地下2階まで約7秒間自由落下を行ない、地下に叩き付けられた。
が、奇跡的に彼女は助かった。
ちなみに、この7秒間の自由落下によって
彼女は世界最初の無重力体験者となった可能性があるという。

信じられないが、本当だ。
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
全国の天気予報
  • ライブドアブログ
イメージ
イメージ
イメージ