国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

ドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領が口にした日本への感謝と政治利用を目的にした慰安婦像への嫌悪「外国を敵視するような像はフィリピンのスタイルではない」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/05/01(火) 11:33:00.70 ID:CAP_USER9
 
2018年4月29日、中国メディアの騰訊網によると、
フィリピンの首都マニラのロハス通りに設置された
旧日本軍の慰安婦問題を象徴する女性像が撤去されたことについて、
ドゥテルテ大統領は「公共の場所への設置は、日本を侮辱するものだ」とし、
撤去を支持する意向を示したという。
27日夜に撤去された慰安婦像について、マニラ市の当局者は
「中央政府が下水道改良事業のため撤去した」と話していた。

昨年12月に設置された慰安婦像をめぐっては、
在フィリピン日本大使館が遺憾の意を表明したほか、今年1月にマニラを訪れた
野田聖子総務相がドゥテルテ政権に日本政府の立場を伝えていた。
フィリピンメディアによると、ドゥテルテ大統領は29日の記者会見で
「日本政府は多くの代償を支払ってきた。賠償は数年前に始まった。
日本を侮辱すべきでない」とし、「日本政府は謝罪している。
慰安婦問題を繰り返し持ち出すことは、元慰安婦や
その子孫に痛みや苦しみをもたらすだけだ」と述べたという。 

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://news.livedoor.com/article/detail/14652673/ 
続きを読む

ドゥテルテ大統領「あれには(慰安婦像)しっかりとした措置をとる」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/01/18(木)06:08:22 ID:???

◎記事元ソース名/ドゥテルテ大統領、マニラの「慰安婦像」に
「しっかりとした措置をとる」 河井克行・自民党総裁外交特別補佐との会談で
フィリピンを訪問した自民党の河井克行総裁外交特別補佐は17日夜、
首都マニラでドゥテルテ大統領と会談し、
昨年12月、マニラに日本軍占領下の慰安婦を象徴するフィリピン人女性像が
設置されたことについて懸念を伝えた。
これに対しドゥテルテ氏は「しっかりとした措置をとる」との考えを表明した。

また、ドゥテルテ氏は、昨年11月に実現したトランプ米大統領との初の首脳会談について
「安倍晋三首相の多大なる協力があったからだ」として、
安倍氏に対する「深甚なる謝意」を示した。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/politics/news/180118/plt1801180003-n1.html

2: 名も無き国民の声 2018/01/18(木)06:24:26 ID:Jcw

フィリピン万歳

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516223302/l50
続きを読む

【皇室】神のような存在として尊敬いたします…ドゥテルテ大統領が感動、天皇陛下との会見語る「その立ち居振る舞いは陛下の称号にふさわしい」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/11/10(金) 20:27:49.72 ID:CAP_USER9

ワイルドな風貌と数々の過激な発言で「暴言王」の異名を取る
フィリピンのドゥテルテ大統領(72)が10月末に来日し、
天皇、皇后両陛下と会見した。 
  
実はドゥテルテ氏はかつて天皇陛下について
「神のような存在として尊敬いたします」と語っており、会見を切望していたが、
2度に渡って直前に“キャンセル”になった経緯があった。
「三度目の正直」で念願がかなったドゥテルテ氏は帰国後、
地元メディアに宮中での“感動体験”を語った。

言動から、天皇陛下との会見を懸念する向きも一部にはあったようだ。
だが、筆者はその点は心配していなかった。 
というのも、かつてドゥテルテ氏は日本メディアの取材に対し、
天皇陛下に対する深い尊敬の念を語っていたからだ。 
続きを読む

【皇居】天皇皇后両陛下と緊張したドゥテルテ大統領との会見を宮内庁「陛下への敬意がうかがえた」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/11/02(木) 17:58:37.83 ID:CAP_USER9

天皇、皇后両陛下は10月31日、
来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領と皇居・御所で会見された。
「暴言王」の異名を持つ大統領の過激な発言から、
両陛下との面会を不安視する声も上がっていたが、
約25分間のご会見は和やかに行われたという。 
  
宮内庁によると、天皇陛下が「先の大戦では
多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」と述べられると、
大統領は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、
今日の協力関係を築いてきました」と応じた。 
  
大統領は会見の冒頭、手を膝に置き緊張した様子で、
徐々に打ち解けた雰囲気に変わった。御所を後にする際、
見送られた両陛下に何度も頭を下げる場面もあり、
宮内庁は「両陛下への敬意がうかがえた」としている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171101/soc1711010021-n1.html

東日本大震災後の同国からの支援に謝意を伝え
「ともに自然災害の多い国なので、この分野で
さらに協力する余地があると思います」との考えを示された。
日本人移民も話題に上り、大統領が両国の「友好の碑」を建立したエピソードを披露した。

http://www.sankei.com/life/news/171031/lif1710310036-n1.html
続きを読む

【皇室】天皇皇后両陛下、ドゥテルテ大統領と御会見遊ばされる「お会いできてうれしいです」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/10/31(火) 19:21:22.03 ID:CAP_USER9

天皇陛下は31日午後、皇后さまとともに
フィリピンのドゥテルテ大統領との会見にのぞまれました。 
30日に来日したフィリピンのドゥテルテ大統領は、31日午後3時40分すぎ、
天皇皇后両陛下のお住まいの御所に到着しました。

天皇陛下は皇后さまとともに玄関で出迎え「お会いできてうれしいです」などと
笑顔で言葉をかけられました。 
天皇陛下とドゥテルテ大統領の会見は去年10月にも予定されていましたが、
当日の朝、天皇陛下の叔父の三笠宮さまが亡くなり会見は取りやめられました。

両陛下は去年1月にフィリピンを親善訪問した際、
太平洋戦争の慰霊碑に足を運んで犠牲者を追悼されていて、
会見の中で天皇陛下が「先の大戦では多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」
と述べられると、ドゥテルテ大統領は「両国は過去を乗り越えて
すばらしい協力関係を築いてきました。戦後の日本のあらゆる分野の
継続的な支援に心から感謝します」と応えました。

会見は和やかな雰囲気でおよそ25分間行われ、
天皇陛下は東日本大震災の際のフィリピンからの支援に対する
感謝の気持ちなども伝えられたということです。 
会見のあと大統領は玄関まで見送られた両陛下に何度もお辞儀をして
感謝の気持ちを示し、夕方、帰国の途につきました。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171031/k10011206101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ