国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

ハリウッド

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「真珠湾攻撃の日にハリウッドで撮影中だった映画は奇しくも現実になった」

b576

211: 名も無き国民の声 04/12/02 21:59:31 ID:???
 
真珠湾が帝国海軍に奇襲された日、
アメリカ、ハリウッドでは、真珠湾を攻撃しようとする
日本軍の作戦を阻止するという内容の
『太平洋を越えて』という映画の撮影が行われていた。
続きを読む

窪塚洋介さん、ハリウッド映画出演2作目決定!次は主演で日本兵役!

no title

1: 風吹けば名無し 2016/09/15(木) 10:54:39.13 ID:gkhAKwi00

[映画ニュース] 窪塚洋介が挑む2本目のハリウッド映画が今秋撮入 
日本兵役に「久しぶりに坊主頭かな」
http://eiga.com/news/20160914/5/

最近の窪塚洋介さん

no title

78: 風吹けば名無し 2016/09/15(木) 11:11:40.26 ID:UpJik1wPa

顔がカッコ良いと思ったことはないが実物見たら変わったわ
つか>>1の画像これ窪塚洋介の私服だな
窪塚洋介がいつも履いてる短パンだわ
続きを読む

尊敬集める“英雄”には程遠く…反日映画「アンブロークン」の主人公ザンペリーニは手癖が悪く、ドイツや日本でも盗みをはたらいていた

b154

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/03/28(土) 17:07:39.79 ID:???

★反日・反独映画の虚妄――なぜ『アンブロークン』の日本上映を望むのか?
- 丸谷元人(ジャーナリスト)〔1〕

・夫婦でつくる「戦時プロパガンダ映画」
「映画は大衆を教育するためのもっとも有力な道具の1つである」
といったのはかのレーニンであるが、戦後70年ものあいだ、
旧連合国においてつくられた日本やドイツを悪者として描いた映画は世に溢れている。

正義の味方の主人公(そのほとんどがアメリカ白人)が冷酷な「ナチ」を殺し、
悪辣な「ジャップ」を成敗するというお決まりの筋書きはこれまで世界中に発信され、
多くの人の頭に「日独=悪」というイメージを刷り込んできた。

そんなわかりやすい勧善懲悪モノは、
人間以下の悪い奴らを心ゆくまで退治できるということもあり
「安心して」観ていられる。いわば『水戸黄門』のようなものであるが、
才能の枯渇に悩む脚本家や、ネタ切れ気味の映画業界、
そして人気低迷を案じる往年のスターらにとっては貴重な飯のタネだ。

続く
続きを読む

問題作“解禁”反日映画と悪名高いアンジェリーナ・ジョリー監督作品「アンブロークン」来年2月に日本公開へ

b97

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/10/22(木)05:37:57 ID:???

アンジー監督映画、日本公開へ 捕虜描き「反日」の声も

アンジェリーナ・ジョリー監督の米映画「アンブロークン」の日本公開が決まった。
邦題は「不屈の男 アンブロークン」。捕虜虐待の場面などがあるため
「反日」だとしてネットなどで上映反対の声が上がり、公開が危ぶまれていたが、
「日本の観客に見せたい」という映画人が動いて来年2月に封切られる。



全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.asahi.com/articles/ASHBP2TNZHBPULZU001.html
引用元
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445459877/ 

2: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)05:50:34 ID:BvJ

配給会社どこよ
続きを読む

アンジェリーナ監督作『アンブロークン』日本人スタッフ「日本が悪いとは言ってない!物語が魅力的なので見てね!」←は?

b89

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 12:25:00.09 ID:???0.net

全米公開中の映画「アンブロークン(原題)」に出演している
日本のミュージシャン、雅-MIYAVI-は、
ジョリーの「若くてカリスマ性のある俳優を」という希望に沿ったキャスティングだった。
キャスティング・ディレクターの奈良橋陽子さんは
「何ページもの候補者リストのトップにはいつもMIYAVIがいた」と述懐する。

奈良橋さんがこの映画に関わることになったのは、
プロデューサーを務めた映画「終戦のエンペラー」(12年)がきっかけ。
この映画の米側プロデューサーが「アンブロークン」のプロデューサーと友人だった。

奈良橋さんは「MIYAVIに直接会ったら
英語もある程度できるし、すてきな人だった」と語る。
「アンジー(ジョリーの愛称)に彼を撮った映像を送ったら
『アメージング(すばらしい)!』と大喜びでした」。

「アンブロークン」は小欄でも既報通り、
“反日映画”と非難され日本での公開が決まっていない。
MIYAVIも一部で非難の的になっており、昨年12月12日の自身のツイッターに
「今回の件は申し訳ない。でも、僕は大丈夫だから心配しないでほしい。
ポジティブに考えようと思っている」とファンに向けてつづっている。

この映画は今月8日にバチカンで上映され、
ジョリーは2人の娘と上映後にローマ法王フランシスコと謁見したが、
法王は上映会には出席しなかった。

奈良橋さんは「アンジーはインターナショナルな家族だし(アジア人の養子が2人いる)、
この映画で日本が悪いということを言いたいわけでは全くない。
本人も言っていたが、ザンペリーニの物語がとてもドラマチックなので描きたかったのであって、
日本でも見てほしいと思っている」と力を込めた。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00000514-san-movi

32: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 12:35:29.36 ID:ezZssuUH0.net

>>1

この女も日本社会の様変わりにビックリしてるんじゃね?
もう日本は戦後の左翼寄りの社会じゃなくなったのだよw

ざまあw
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ