b574

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07 12:54:52 ID:JarOHM8w

卑怯な性格の民族って嫌だね

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07 13:49:25 ID:k3W63wV9

真珠湾攻撃は民間人を一人も傷つけてない綺麗な奇襲

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07 21:51:02 ID:r3X/F8+s

いまだに奇襲とか言ってる奴は単なる馬鹿。

1 
アメリカはイギリス、中国、オランダと共に
ABCD包囲網を形成し、日本の海外資産を凍結し
戦略物資である石油や鉄屑を禁輸し、
日本の海外における物資買い付けも妨害した。
  
これは完全なる敵対行為であり、戦争行為に等しい。

2 
日本はこのままでは国が立ち行かなくなる為、
アメリカと禁輸解除の交渉を行った。
それに対してアメリカは日本に中国大陸からの完全撤退、
日独伊同盟の破棄など日本側が到底受け入れられないと
分かり切った内容の要求書「ハルノート」を突き付ける。
  
日本がこれを受け入れなければ後、
残る選択肢は戦争以外になかった。
馬鹿でも分かる話である。 

つまりハルノートそのものが事実上の日本に対する
アメリカの宣戦布告書だったのである。

3 
アメリカ真珠湾攻撃を日本の暗号を解読して事前に察知していた。
その為、精鋭空母は事前に退避。湾内に残っていたのは
実戦能力に乏しい老朽艦船のみであった。
だからあれだけ大成功と言われながら
短期間で戦局がひっくり返る事になった。
  
これは反戦のアメリカ国内世論を誘導する為に
アメリカ政府が仕組んだ謀略である。

4 宣戦布告の遅れは単なる事務的なミスである。
開戦の30分前に通告する予定が事務員が暗号解読清書に手間取り
1時間後の通告となっただけ。

そもそも開戦30分前に通告した所で
実質的には対策など何も出来ない。戦争に奇襲も糞もなく、
相手になるべく気付かれないように行動するなど
当たり前の話なのである。
  
事実はアメリカが日本を戦争以外の選択肢がないように追い込み、
暗号解読により事前察知していた情報をアメリカ政府が握り潰し、
アメリカ兵数千人の命と引き換えに、アメリカ世論を変えて
日本を戦争に引き込む陰謀を成功させた。

これはアメリカがアジア権益欲しさに自ら引き起こした戦争なのである。
日本には不義を討つという大義が確かにあったのである。

引用元 http://www.logsoku.com/r/usa/1386388492/