国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________

京都大学

京都大学「吉田寮の老朽化ヤバイやん!立て直すからどいてもらえるか?」学生「絶対拒否!」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/10/02(火) 23:29:37.84 ID:tC/A0IBj0

何なんこいつらガイジか?
別になくなる分けちゃうやんけ

2: 名も無き国民の声 2018/10/02(火) 23:29:49.38 ID:3vFyraAF0

頭ええからなぁ

4: 名も無き国民の声 2018/10/02(火) 23:30:20.09 ID:tC/A0IBj0

間違いなく学生の質低くなってるよな
続きを読む

京都大学「老朽化しすぎて危ないから寮から出て!」左翼学生「自治!自治!自治!ぁーあぁーあぁぁー!」←これ

b998

1: 名も無き国民の声 2018/09/24(月) 17:56:04.191 ID:ymYx7Iij0

2: 名も無き国民の声 2018/09/24(月) 17:56:31.937 ID:TOFYl+HL0

放っとけば?

5: 名も無き国民の声 2018/09/24(月) 17:57:42.923 ID:ymYx7Iij0

>>2

倒壊して死んだら大学のせいにされんじゃん

9: 名も無き国民の声 2018/09/24(月) 17:59:06.174 ID:TOFYl+HL0

>>5

出てけって言って出てかないなんだから
知らんやんそんなの
続きを読む

米国「山中教授!我が国で研究しませんか?報酬は11億円で」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/01/25(木) 13:44:38.05 ID:64iL/P8td

尚円王@RyukyuShouenou

《速報》 アメリカ国内からの情報です。
山中教授を引き抜く指令が出たようです。
その報酬は年$10mil(11億円)を越えるとのこと。
日本は大事な宝物をこんなことで失うのか? 正気なのか?
マスコミ、いい加減にしろよ?
#iPS細胞 #山中教授 
http://twitter.com/RyukyuShouenou/status/955751595395899395

208: 名も無き国民の声 2018/01/25(木) 13:57:34.51 ID:zDFGB1LJ0

>>1

この情報の出所は確かなん?

418: 名も無き国民の声 2018/01/25(木) 14:07:22.27 ID:hpaFtq2O0

>>1

なお、ソースはなし
続きを読む

山中伸弥教授「研究費用ください」政府「だめです」 ワイ「」

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/12/15(金) 18:12:44.46 ID:ZeB4+GeuM

政府「でもどうせ中国に上書きされて
意味ないけど海外にお金沢山あげるんだ😄」
山中伸弥教授「研究費用のために寄付をお願いします😭」
愛国者「甘えるな😡海外では~(大嘘)😗」

271: 名も無き国民の声 2017/12/15(金) 18:35:43.35 ID:qxFV2yxT0

>>1

寄付しますから毛根再生研究して下さい
続きを読む

戦没学徒の叫び「この戦争で死ぬことが我ら世代の宿命」戦死京大生・林尹夫の遺稿確認

no title

1: ニカワ ★ 2017/02/02(木) 05:50:06.70 ID:CAP_USER9

第二次世界大戦末期に学徒出陣した青年が、
死を目前にした内面を率直につづった遺稿ノートなどが、
立命館大国際平和ミュージアム(京都市北区)に保管されていた。
23歳で戦死した京都大生、林尹夫(ただお)(1922~45年)が書いたノートで、
50年前に一部が書籍として刊行されたものの、未刊部分が多く、
その中身は長く確認されてこなかった。率直な思いをほとんど書き残せない最前線で、
検閲をくぐり抜けた第一級の資料。専門家は
「一人の若者の等身大の姿を伝える貴重な記録だ」と話している。

戦没学徒の声としては多くの遺書を収録した
「きけわだつみのこえ」などが知られる。だが、林の言葉は第三者に読まれることを
強く意識しておらず、恋愛観や生への執着を肉筆で伝えている。

ノートは40年4月6日の高校時代から始まり、
死の直前まで計4冊が残されていた。日記だけではなく、
読書メモ、筆写、思いの断片、厳しい軍隊での生活の記録などが、
仏語や独語でもつづられている。戦局が悪化する中、海軍予備学生時代に記した
最後の4冊目には、日付の記載がほぼなく、文字の乱れを確認できる。

未刊行の部分には、青年が抱える夢や異性への思いが克明に記されていた。
<わたしがあなたをどれほど愛し恋焦がれてゐるか、
あなたは少しも知らない。否、知らうともしない。……>。
4冊目のあるページでは、紙いっぱいに恋情をこうつづり、
書いた後に大きく数本の斜線を引いて、
最後に<ナンテ ウスツペラナ!>と書きなぐっていた。

保管資料は他に手帳、はがきなど全73点に及び、
97年に林の親族から同ミュージアムに寄贈されていた。
資料を確認した学習院大の斉藤利彦教授(教育学)は
「少なくとも遺稿ノートの122日分以上が未刊になっていた。
強制的に死と直面し、異性への愛の、肯定と否定の堂々巡りの
青春の苦悩が表れている」と指摘している。
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ