国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ

原爆投下

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「原爆投下の候補地」

b734

847: 名も無き国民の声 2008/10/14(火) 01:50:41 ID:nYnPeEHC0

うちのじじーは殺した数を最後まで自慢してるようなのだったな
聞くたびに増えてるんでボケと妄想がだいぶはいってたみたいだが

848: 名も無き国民の声 2008/10/14(火) 06:12:48 ID:FlNCslMtO

>>847

あるあるw

849: 名も無き国民の声 2008/10/14(火) 08:55:52 ID:rSv/G0x00

>>847

南京大虐殺の犠牲者もどんどん増えてるよww
続きを読む

ローマ法王に感銘与えた日本人!長崎原爆の被害者「焼き場に立つ少年」の写真、法王が配布指示

国家総動員報
国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/01/02(火) 07:22:59.60 ID:CAP_USER9
 
ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた
1945年の写真をカードに印刷して配布するよう指示を出していることが
1日までにわかった。カードの裏には、法王の要請により
「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている。

この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ
1人の少年の姿をとらえたもの。第2次世界大戦末期に原爆が投下された直後、
米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。

法王は今回、カードの裏に自身の署名とともに
「戦争が生み出したもの」という言葉を記載するよう要請した。  
写真の内容と由来は短いキャプションにより説明。
「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめる
その身ぶりの中にのみ表現されている」などと記している。

米議会図書館の記録によれば、オダネルさんは4年間をかけて
両都市の戦後の様子を記録した。一連の写真は本の形で出版されている。  
CNNのバチカン専門家、ジョン・アレン氏は自身のウェブサイトで、
「新年を前にこの写真を公開したことで法王の立場に何か実質的なものが
付け加わるわけではないが、フランシスコが年末年始の休暇期間中に
特定の画像を配布するよう依頼したのは今回が初めてだ。これは法王が、
写真のメッセージが今特に重要だと考えていることを示唆している」と述べた。

アレン氏によれば、法王は以前にも核兵器を非難し、
紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるという。
 
http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/14105496/ 
続きを読む

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「原爆投下のエノラ・ゲイを観察していた謎の輝点」

b237

202: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 08:41:04 ID:707Hmoc90

疑問なんだけど、
1980年代から中国の残留孤児が続々と日本に
来たでしょ。戦争してた相手の国の子供をちゃんと育ててたよね。
でも、韓国や北朝鮮で残留孤児がいたって話しは聞いた事がないんだけど。
何で中国にしか残留孤児が居なかったのかな?
もしかして、最初は居たけど・・・
続きを読む

横浜市中学生「被爆者は死にぞこないの糞ジジイ」

b442

1: 名も無き国民の声 2017/10/06(金) 17:39:17.81 ID:Q+qSL/7F0

修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中3年の男子生徒数人が、
爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77)に
「死に損ない」などの暴言を吐き、森口さんが学校に抗議していたことが7日、分かった。  
森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生119人をグループに分け、
爆心地周辺の被爆遺構を案内。

森口さんが山里小学校で説明し始めたところ、グループから離れて行動していた
数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだ。  
森口さんは注意したが、この数人は周りの生徒にも
「拍手しろ」などと言って妨害、暴言を続けたという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140607/crm14060713100007-n1.htm

2: 名も無き国民の声 2017/10/06(金) 17:41:25.03 ID:IGmA0EE90

中学生心の俳句

6: 名も無き国民の声 2017/10/06(金) 17:43:33.70 ID:y+1jbVXC0

また原爆投下の日に現地にいなかったのに
何故か当時の様子を語れる語り部か

13: 名も無き国民の声 2017/10/06(金) 17:45:26.64 ID:Ndi24hM30

>>6

ほんこれ
続きを読む

原爆投下と百田尚樹氏 「“過ちは繰り返しませぬから”はリトマス試験紙だ」

b623

1: 紅あずま ★ 2017/08/08(火) 14:38:52.70 ID:CAP_USER9

百田尚樹氏広島講演 「過ちは繰り返しませぬから」に
違和感覚えるかどうかが「自虐史観から脱却できているかのリトマス試験紙」 
 
現実の世界で国民の平和と安全をどう守るかを学ぶ講座
「8・6広島平和ミーティング」が6日、広島市中区のホテルで開かれた。
「世界激変、問われる日本の覚悟」と題して、作家の百田尚樹氏が講演。
「平和」と唱えていれば平和になるという夢想から脱却しようと訴え、
約1500人が耳を傾けた。 
  
講座は、国ごとの現実的な利害関係がからむ
国際関係を無視して真の平和を実現することはできないとするメッセージを、
「原爆の日」の広島から発信しようと、日本会議広島が平成21年から開いている。 

百田氏は、軍事施設ではない市街地を狙った
米軍の空襲は明確な戦争犯罪であることを指摘し、
原爆慰霊碑に記された「過ちは繰返しませぬから」という言葉に違和感を覚えるかどうかが、
自虐史観から脱却できているかのリトマス試験紙だと主張。

国際条約で禁止されている非戦闘員の殺傷を目的とした戦闘行為である
原爆投下や東京大空襲を批判するたびに寄せられていた
「日本が悪かったから空襲された」という反論がここ数年で減りつつあると述べ、
若い世代を中心に自虐史観が薄れつつあるとの考えを示した。 

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/west/news/170808/wst1708080012-n1.html 
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ