国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________
イメージ

名君

<昭和の日>昭和天皇は稀代の名君である 先帝陛下の御聖徳を偲ぶ

b530

1: 03/11/20 09:47 ID:iRrEgPiD

b517












立憲君主制をよく理解し、憲法を誰よりも遵守し、
話し合いで決まったことに口をはさんだことはなかった。
軍の暴走には終始反対し、三国同盟にも不満を示したが、
直接政治に介入することを徹底的に避けた。

b751














日米戦争に突入する際にも反戦の御製を紹介するにとどめ、
国民の代表たる政治家や軍人の意向を押しつぶすことはなかった。

b276













敗色が濃厚となり、我々愚かな国民の多くが
本土決戦などと考えていた時、戦争終結の考えを示し、日本を滅亡から救った。
この時も命令したのではなく、総理から判断を求められたうえでのことだった。

真の民主主義者は昭和天皇であった。

b278
















そして占領軍総司令官に対して「全責任を負います」と明言し、
マッカーサーに「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、
この勇気に満ちた態度は、私の骨のズイまでも揺り動かした」と言わしめた。

このような国の代表がかつていただろうか?

ムッソリーニのように逃げるか、ヒットラーのように自殺するのがオチだろう。
マッカーサーとの会見は秘密だったがマッカーサーはあちこちで暴露した。
しかし昭和天皇は「男の約束」として生涯話さなかった。

b281











昭和天皇の生涯を振り返ると、我々の理性では計り知れないものがある。
昭和天皇はその人柄がいつも強調されるが、それは表面の一部分にすぎず、
注目すべきは君主としてどのような行動をとってきたかである。

b282















確実に言える事は、天皇は困難から逃げなかったということだ。
続きを読む

【歴史/日本】主君を討った「逆賊」でもあり「名君」でもあった明智光秀の紹介パンフ、福知山市などが作成

b31

1: Hi everyone! ★ 2014/11/27(木) 23:49:31.74 ID:???.net
 
本能寺の変で織田信長を討ち、逆臣の印象が強い戦国武将・明智光秀について、
ゆかりの地の京都府福知山市などが名君ぶりを紹介するパンフレットを作った。

光秀は戦国時代に丹波国を治め、福知山城を築いた。
同市は、光秀ゆかりの京都や兵庫、福井3府県の計12市町で、
光秀や一族を中心に据えたNHK大河ドラマの誘致活動に取り組んでおり、
パンフ作成はその一環。

b585













表紙には「『本能寺の変』の首謀者 明智光秀は、善政をしいた良君だった」と記し、
信長も認めた戦上手の知将だったことや、由良川の治水工事を進めるなど
統治者としても優秀だったことなどを紹介。

勝竜寺城公園(長岡京市)や史跡田辺城跡(舞鶴市)など
市外のゆかりの地もカラー写真で掲載している。

A3判、5000部作成。福知山観光案内所などで手に入る。
問い合わせは市観光振興課。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20141126-OYT1T50161.html

2: やまとななしこ 2014/11/27(木) 23:52:52.62 ID:2JViwUrj.net

優秀じゃなければ信長が幹部にするわけないし当たり前すぎる

3: やまとななしこ 2014/11/28(金) 00:00:54.04 ID:Ecw08xbN.net

下克上なんて当たり前だったのにな
続きを読む

【皇室】昭和天皇はアニメがお好き?「セーラはあるか」「サザエはあるか」

b286

1: アベンジャーズ ★@\(^o^)/ 2014/11/07(金) 14:12:56.34 ID:???0.net

元学研カメラマン瓜生浩氏(80)、
元テレビ朝日宮内庁担当記者の神田秀一氏(79)、
元侍従職内舎人(うどねり)の牧野名助(もりすけ)氏(88)と
長く昭和天皇を近くで見てきた3人が素顔の昭和天皇を語った。
司会は元朝日新聞編集委員の岩井克己氏(67)。

*  *  *
瓜生:子どもさんにも優しかったね。
岩井:入江さんの随筆にも、子ども好きだという記述がありますね。

瓜生:昭和59(84)年。両陛下のご成婚60年を記念して、
沖縄の豆記者の子どもたちが、皇居に参内しました。
吹上御所と宮殿をつなぐ道に、内苑門があります。

そこで、子どもたちが陛下に小さな花束を渡したのです。
徳川さんか安楽さんだと思いますが、侍従さんが、
後ろから花束を受け取ろうと手を出したんですね。

すると、陛下はひじで侍従さんをゴンとやった。

ご自分で、花束を持ったまんま、うれしそうに御所にお戻りになった。
その場にいた我々、カメラマンや記者も、ほほ笑ましい気持ちになったものです。

牧野:テレビ番組でも子どもたちを気にかけておられました。
国体で地方にお出かけになった昭和60年ごろでしょうか。

陛下が「セーラはあるか」とおっしゃる。

必死で新聞の番組表を探したところ、
どうやら「小公女セーラ」というアニメ番組のことをおっしゃっていたとわかりました。
「サザエはあるか」とも。

岩井:実録には、はじめて天皇がカラーテレビをご覧になるという記述がありましたね。

牧野:女優の高峰三枝子さんの映画や、昭和62年春から放送された
NHKの連続テレビ小説「チョッちゃん」を昭和天皇は楽しみにご覧になっていました。

神田:宮内記者会が、陛下にどのような番組をご覧になっているのか、と質問したところ、
「放送局の競争が激しいから言えない」とお答えになった。



ところが、実録にはご覧になった映画の作品名が具体的に載っています。楽しみですねえ。
昭和天皇記念館(東京都立川市)には昭和天皇がお使いになった、
米国製のRCAのラジオが展示されていた。これには驚きました。

牧野:こんなちいさい古いラジオ。
あれは戦中からずっとお使いで、寝室の頭の上に置いてありました。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://dot.asahi.com/wa/2014110500089.html
続きを読む

<昭和天皇実録>科学者として伊勢湾台風・植物北限分析でお怒りに「計算どおりいかないのが自然だ」

b980

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/10/23(木)09:34:20 ID:???
 
昭和天皇の生涯を記録した『昭和天皇実録』が9月9日に公表された。
24年5か月にも及ぶ編纂作業を経て完成したこの「実録」により、
改めて昭和天皇とその時代がクローズアップされている。

昭和天皇は、われわれ一般国民とどのように接してこられたのか。
陛下と時代を共にした皇室ジャーナリストの神田秀一氏が
科学者としての昭和天皇の逸話を明かす。

 * * *
テレビ局の宮内庁担当記者だった当時、
陛下が御用邸に滞在される時は年に一度、
宮内庁記者会と懇談の場が設けられました。
御用邸の玄関横などで陛下と報道陣が直に懇談できる大らかな時代でした。

そんな時代の伊豆・須崎御用邸に陛下が滞在されたある日のこと。
朝7時ごろ、私は御用邸からほど近い浜辺・三井浜の様子を調べて戻る途中、
山中で側近をお連れの陛下とばったり遭遇しました。

恐縮しつつ名前と社名を述べると陛下は
「ご苦労」とお声掛けくださり、続けてこう仰られたのです。
「どこへ行ってきたのか? そうか、三井浜か。きれいな海岸だったろう。
でも、この辺りはクマやヘビが出るから注意するように」

私は緊張で固まっていましたが、これは陛下独特のユーモアでした。

陛下には厳しい一面もありました。
1980年ごろ、天皇皇后両陛下が1959年の伊勢湾台風で
被害を受けた地域の排水ポンプ場を視察中のことです。

「このポンプは素晴らしく、伊勢湾級の台風が来ても絶対に大丈夫です」と
自信満々に説明した場長に対し、
陛下は「そんなことはないだろう」といった表情でこう仰りました。

「台風、地震、雷など自然というのは人の力をはるかに超えて起こるものだ。
計算どおりいかないのが自然だ。洪水にはならないとどうして言えるのか。
絶対大丈夫と言えるはずがない!」

普段、温厚な陛下がお怒りになるときは、
冷静ながらも声のトーンがやや高くなり、表情は緊張気味で目が引きつる感じになります。
この時は、周囲に緊張の糸が張りました。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.news-postseven.com/archives/20141022_280829.html
引用元
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414024460/l50

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 7◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1412073351/763

2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)09:38:30 ID:Mtc1BYC47

良い話だ。

3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)11:32:23 ID:1hSrlmnuj

めっちゃビビったろうな
昭和天皇のカリスマと怒った時の怖さは異常

4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)14:18:40 ID:karDtnyRk

陛下からお褒めの言葉を頂けるかと思っちゃったんだな。

5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)19:03:06 ID:phFmPPZGE

深いお言葉です

6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)19:17:35 ID:kmiTTj4b5

やはり昭和帝も理系なんだなと親近感が湧く。
陛下に限らず、理系なら大体同じこと言うでしょう。

引用元:【社会】昭和天皇 科学者として伊勢湾台風・植物北限分析でお怒りに  [H26/10/23]

【皇室】宮内庁、大失態を犯す 昭和天皇実録、天皇陛下から間違いを指摘され一部訂正

b465-3

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 06:55:51.95 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)

宮内庁は先月公表した昭和天皇実録について、天皇陛下から
間違いを指摘され実録の内容を一部訂正したと発表しました。

訂正箇所が見つかったのは、昭和35年7月1日の内容です。

7月1日の実録には、昭和天皇が東宮御所を訪れた際に
今の皇后・美智子さまと皇太子さまの様子を詠んだ
「山百合の 花咲く庭に いとし子を 車にのせて その母はゆく」という
和歌・御製が記されています。

しかし、先月、この部分について新聞記事を読んだ天皇陛下から、
「その御製は、東宮御所ではなく
那須御用邸における情景を詠んだものではないか」と
指摘があったということです。

宮内庁は、再度、当時の資料を精査し皇后さまにも確認したところ
間違いだったことがわかり、本文の内容を訂正しました。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2330411.html

27: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 07:14:01.31 ID:dQdezjmG0.net

>>1

普通、東宮御所を詠んだ歌に

「山百合の 花咲く庭に ・・・」と、アタマに持って来ないだろうw

この歌は、山間(ヤマアイ)の那須御用邸であるからこそ意味がある。

2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 06:58:44.53 ID:3QXlkKpg0.net

こういう仕事でミスは出来れば避けて頂きたかったですよ
編纂担当者のヴォケの皆さま。

10: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 07:03:56.53 ID:DqwrDGGD0.net

>>2

宮内庁のマヌケっぷりはネタにされていい
こんな些細なミスを避けるために四半世紀かけて編集したのに、
結局こんなミスをやらかしたのだから
続きを読む

<昭和天皇実録>大元帥「軍人」昭和天皇と敗戦後の「退位論」

b312

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/13(月) 19:14:19.25 ID:???

「昭和天皇実録」を読み解くにあたっては、
終戦に至る天皇の判断や、戦争責任問題の検証は避けて通れない。

ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)は、
44歳まで大元帥だった「軍人」天皇に、好戦主義者でも
和平主義者でもないリアリストの顔を見た。
天皇の苦悩から、国の政体と天皇制が合体することの危うさが透けて見える。

昭和天皇は好戦主義者でも和平主義者でもなく、
皇統の維持が基本的な立場だったと考えています。
できれば戦いたくはないが、皇位のため必要なら戦争もするし、
平和なほうが皇位を守れるなら平和を選択するということです。

1941(昭和16)年の対米開戦に至る過程で、
天皇が初めは「戦争は嫌だ」と消極的だったのに、
しだいに開戦を受け入れていくのは軍事指導者が執拗に
「戦わなければ国は存立しない、皇位を守れない」と説得したからでしょう。

実録では41年9月6日の御前会議で
昭和天皇が祖父・明治天皇の御製
「よもの海みなはらからと思ふ世になと波風のたちさわくらむ」を読み上げ、
戦争に距離を置いていた姿勢が強調されている。

12月1日の御前会議でも原嘉道・枢密院議長に
「なるべく早期に戦争を終結することを考えておく必要がある」
と天皇の意思を代弁させた。嫌だ嫌だと考えながらも、
戦争を決断せざるを得ない立場になっていくことがわかる。

敗戦後の退位論については、天皇自身は
ただの一度も退位の意思を示したことがないという前提で
実録は編纂(へんさん)されています。

これまで、戦後に昭和天皇が退位について発言したのは3回あったとされていました。

1回目が1945(昭和20)年8月29日、
木戸幸一内大臣に「自分が一人引受けて
退位でもして納める訳には行かないだらうか」と語ったことが
『木戸幸一日記』に書かれています。

2回目は48(昭和23)年11月前後から
12月にかけ、東京裁判の判決が出て、7人のA級戦犯が処刑されたころ。
3回目は52(昭和27)年4月のサンフランシスコ講和条約発効のころと言われていました。

しかし実録では、2回目は46(昭和21)年3月6日、
新聞報道を受けて「現状ではその御意志のない旨をお伝えになり」とある。

3回目が48年7月9日、外国の新聞雑誌で、
東京裁判の判決か、来る8月15日を期して、
天皇の退位が行われるであろうと報道されたことに対し
「天皇として留まり責任を取られる旨の御意向を示される」と書かれている。
天皇の側からは一度も退位を言っていないことになっている。

皇太子(今の天皇陛下)は未成年でしたから、
自分が退位すれば摂政を立てなければならなくなる。
高松宮は軍人でもあったので、摂政をさせたくなかったのでしょう。

それに、本人はもともと最初から退位するつもりはなく、
どんな時代になっても皇統を守り抜く強い信念があったと思います。

皇統を守るため戦争をしたが、とんでもない間違いであったから、
これからは平和で生きるしかないという確信。
「戦争か平和か」という二元論的な分け方ではなく、
そのときそのときの選択肢だったと思います。

天皇には君主にしかわからない言葉の使い方がある。

たとえば戦争責任という言葉を使わない。
一度その言葉を使うと、行動を伴う、つまり退位しなければならなくなるからです。
だから実録も戦争責任という言葉をあらかじめ排除して編纂されている。

しかし、それは天皇の側の問題。私たち国民の側からみれば、
天皇に限定的な戦争の責任はあるに決まっています。
開戦責任、終戦責任、国民を死なせた責任、
過酷な負担を強いた責任など、いろいろある。

昭和天皇自身はとくに「開戦責任」と「終戦責任」を意識し、
道義的や倫理的に国民に迷惑をかけたという
贖罪(しょくざい)意識はあったと思う。

ただ国際法や政治上の責任はなかったとも確信していたのではないか。
自らは立憲君主だったから臣下には責任があっても自分は問われないと考えた。
実際、国際法上も政治的にも責任を問われなかった。

先の戦争で天皇は、本当の戦況を知らされていなかった。
明治憲法下の天皇主権にもとづく天皇制が、
軍部の専横のもと形骸化していたからです。

国の政体と天皇制が合体することの危険を
明治憲法と天皇の行き方が教えてくれた。そういう教訓をくみとるなかで、
戦争責任についても論じねばならないと思います。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://dot.asahi.com/wa/2014101000043.html

2: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 10:01:14.27 ID:xk8NPL0qV

>天皇に限定的な戦争の責任はあるに決まっています。

あるわけない
立憲君主制の建前から言っても天皇は君臨すれども統治せず
政治上の責任は内閣が負う
続きを読む

釜本邦茂氏「昭和天皇の温かいお言葉と香淳皇后のさりげない気配りに深い感銘を受けました」

b819

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 13:31:29.22 ID:???0.net
 
『昭和天皇実録』が公表され、
改めて昭和天皇とその時代がクローズアップされている。
昭和天皇は、実際に国民とどのように接してこられたのか。
日本サッカー協会顧問の釜本邦茂氏が秘話を明かす。

メキシコ五輪で銅メダルを獲得して帰国した後の1968年10月31日、
入賞した選手団や監督らとともに皇居で昭和天皇にお目にかかりました。 
その時、陛下は僕たちが首にかけていた銅メダルを覗き込み、
「よく頑張られましたね」と言われました。

若かった僕は畏れ多くてお顔を見ることができませんでしたが、
直後に皇后陛下が「ずいぶん、お座布団が飛んでいましたね。
大変だったでしょう」と仰ったことをよく覚えています。

それは、地元メキシコを相手にした五輪3位決定戦の出来事でした。
日本がリードしていた後半40分過ぎ、
メキシコがシュートを外すと緑と赤の無数の座布団がスタンドから投げ込まれ、
試合が3分間中断されたのです。
 
日本が勝利した試合後も座布団の嵐は止まりませんでした。

当時、日本でサッカーはマイナーな競技であり、五輪でメダルなど全く期待されていなかった。
それなのに、両陛下に試合を観戦して頂いていたのかと思うと胸が熱くなりました。

たった一言でしたが、天皇陛下の温かいお言葉と
皇后陛下のさりげない気配りに深い感銘を受けました。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/
article?a=20141015-00000008-pseven-spo

2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 13:33:14.29 ID:a4ngM65/0.net

いい話ダナー
続きを読む

<昭和天皇実録>周りの配慮が無に帰した朝日新聞の暴露報道 尚且つ「瀕死」と報道する非道…日本男児なら今すぐ腹を切れ!!

b814

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/14(火) 18:23:28.67 ID:???

大きな話題を呼んでいる「昭和天皇実録」。
ガンが死に至る病であった時代、最後まで本人に「告知」しなかった
周囲の姿も記録されているが、あらためてわかったのは
朝日新聞による病名報道の重さだ。

それは雅子妃殿下への「懐妊の兆候報道」へと続く。
背後には、「朝日新聞社」と宮内庁との間に起こった
51年前の“ある事件”があったという。

1989年1月7日午前6時33分、
「昭和」という時代が静かに幕を閉じた──伏せられていた昭和天皇の病状は、
その後の記者会見で宮内庁長官が明らかにした。

「十二指腸乳頭周囲腫瘍(腺がん)」

24年5カ月に及ぶ編集作業を経て、今年8月に完成した「昭和天皇実録」。
そこには、晩年の昭和天皇が体調を崩される様子が記されている。

異変は87年4月29日、86歳の天皇誕生日に起こる。
昭和天皇は祝宴の終盤で気分が悪くなり嘔吐する。
その後も食欲不振や消化器の不快を訴えられた。

9月13日の検査で、十二指腸末端から小腸にかけての通過障害が発見される。
そして22日には歴代天皇として初めて手術を受けられることに。

戦前は「現人神」とされていた天皇の体に初めてメスが入る──
実録は、そんな歴史的な手術後の様子をこう伝えている。

〈手術は無事終了する。御病室に戻られ麻酔からお目覚めになると、
大相撲九月場所のテレビ観戦を希望される〉

しかし、のちの検査で昭和天皇の体から、深刻な病変が見つかったのだ。

〈後日、手術中に切除された膵臓(すいぞう)の組織の一部を病理検査した結果、
原発部位は不明ながら悪性腫瘍と診断される。
ただし、この結果については、天皇には告知されなかった〉

「皇室論」(青林堂)の著書もある神道学者・高森明勅氏が解説する。

「当時、ガンは絶望的な死の病であるという
社会的コンセンサスがあり、告知はとても重いものでした。
家族が医師とも慎重に相談をして、告知はしないということを選ぶことが多かった。
現代のガンを取り巻く環境とは違う。
今の天皇陛下は前立腺ガンをみずから公にされましたけど、
そういう感覚で捉えられるとズレが生じます」

術後に開かれた会見で、宮内庁はこう発表する。

「ガン組織は認められない。慢性膵炎と考えられる」

実録からは、昭和天皇に病名を伝えまいとする周囲の悲愴な覚悟も読み取れる。

〈陛下御自身には癌であることを完全に秘して、
何分御高齢と御体力よりみて、積極的な治療を避けて、
出来る限りの御長寿を全うして頂くことに全力を尽くし、
特に御苦痛が全くなきよう(中略)充分留意することに致しました〉

昭和天皇が体調を崩される中、
88年9月24日、朝日新聞は夕刊1面で、次のように報じたのだ。

〈天皇陛下ご重体〉

〈がん性腹膜炎の疑い〉

〈すい臓部に「がん」〉

記事に「お気持を考え公表せず」とあることから、
朝日新聞が、周囲の「ガン告知」に対する気遣いを
確信的に台なしにしていたことがうかがえよう。

「『公人中の公人』であるお立場でありますけれども、
このようなことが一方的な判断で全国民に知らしめられた。
政治的スタンスはそれぞれメディアによって違いがあっていいし、各人各様であっていい。
しかし、この報道はいやしくも人間としての
当然の配慮、常識が欠落しているとしか思えません」(高森氏)

問題なのは、記事にある次の一文である。

〈陛下はすでにあえぐような下顎〈かがく〉呼吸を始めている〉

最後の呼吸と言われる「下顎呼吸」に怒りをあらわにしたのは
当時、侍医長だった故高木顯氏だった。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.asagei.com/27082

2: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 18:25:43.48 ID:ffNegJMPP

朝日からすればしてやったりなんだろうね

日本に嫌がらせすることが社是だもの

5: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 18:46:51.34 ID:TRIyFt+8L

朝日新聞に何を期待してるんだ?
知られたらお終いと思え。

4: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 18:43:24.66 ID:vNY5VLwxJ

朝日なら納得
つかうちに購読の電話かけてくんな
電話番号とか教えてないのにかけてきやがって
気持ち悪いことこのうえない

6: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 19:23:27.40 ID:BsKhwoAf7

朝鮮日報新聞

7: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 19:25:47.72 ID:giqOyegzo

朝日新聞にしては良心的 だって捏造してない

感情に配慮? 朝日に日本人の気持ちを期待しても無理!!

8: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 19:36:40.57 ID:sJ1xCP7oG

朝日はよほど日本人が嫌いなんだ

10: 名無しさん@13周年 2014/10/14(火) 21:17:05.26 ID:Ii5qTH850

廃刊まだ?



引用元:【皇室】悲壮な思いで昭和天皇にガンだと
察知されないように周りが配慮していたのに朝日新聞が…

昭和天皇幼少期の謎のお遊び「クロックノール」とは?…ところが2ちゃんねらーがあっさり特定

b258

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 13:26:48.21 ID:???0.net

宮内庁は9日、昭和天皇の87年の生涯を記録した「昭和天皇実録」を公開した。
百人一首、木登り、椅子取り--。実録は昭和天皇の幼少期の遊びを細かく記している。

第一次世界大戦下の1917(大正6)年には世相を反映していると思われる
「欧洲戦争将棋」などの記述もある。

学習院初等科入学前後は「クロックノール」という遊びが
少なくとも4回登場するが、どのような遊びなのか、
四半世紀かけて実録を作り上げた宮内庁も「分からない」としており、
「公開で知っている人が出てくるかもしれない」と謎の解明に期待する。

クロックノールの正体を不明としつつ記載したことについて、
宮内庁は「当時大変熱心にされていた遊びだった。その事実を記した」と説明する。
弟の秩父宮も同様の遊びをしていたという。

実録には例えば、8歳当時、沼津御用邸の学習院仮教場で3学期の授業が始まった
1910(明治43)年1月、「午前は学習院の授業、
午後は御用邸内においてジャーマン・ビリヤード、人取り、玉鬼、相撲、
クロックノールなど種々のお遊び」との記述がある。

クロックノールについて、学習院大学史料館の長佐古(ながさこ)美奈子学芸員は、
ゲートボールの原形とされる「クロッケー」の可能性があると推測する。
「昭和天皇がどのように遊びの時間を過ごしていたのか
あまり具体的に知られておらず、実録の記述は大変興味深い」と話している。
【山田奈緒】

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000009-mai-soci

2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 13:27:25.01 ID:ynwVZcQZ0.net

へー

6: こんにちはネトウヨです@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 13:28:14.94 ID:P0+uxXaVi.net

ご存命の三笠宮にお聞きするのが早いかと。

155: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 20:30:25.97 ID:LfTZIO0A0.net

俺も>>6がすぐに思い浮かんだけど、
ちょっとお歳が離れているからなあ。

163: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 20:54:15.51 ID:UO7H1gKa0.net

>>155

昔、三笠宮殿下はインタビューで
「子供の頃は昭和天皇とお相撲などして遊ばれましたか」と聞かれて
「いや、年が離れてるからねえ」とお答えになっていた。

14歳も離れてて時代が時代だし身分も身分だから、
一緒に遊ぶような兄弟関係ではなかったのではないかと。
続きを読む

終戦の「御聖断」ソ連参戦で決意か 昭和天皇「戦争を継続すれば国体も国家の将来もなくなる」

b250

1: 膝十字固め(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 07:10:42.56 ID:yfxWPkhA0.net BE:545512288-PLT(15444) ポイント特典
 
宮内庁は9日、昭和天皇の生涯を記録した「昭和天皇実録」の内容を公表した。

事実として確認された言動や、側近らの謁見日時が時系列で示され、
これまで諸説あった終戦の「ご聖断」の経緯が明らかになった。

昭和天皇が最終的にポツダム宣言受諾を決意したのは
ソ連軍が満州に侵攻したとの情報を得た直後で、
ソ連参戦が「ご聖断」の直接原因だったとみられる。
実録には幼少期の生活ぶりなども詳細に記され、公表により近現代史研究が
大きく進むことになりそうだ。

実録の記述により、連日の本土空襲や
原爆投下などで終戦の意向を強めた昭和天皇が、
ソ連参戦で万策尽きたと判断。

これ以上の犠牲を広げないため、即時終戦に向けた動きを主導した
当時の様子が明らかになったといえる。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140909/imp14090905100002-n1.htm

4: マシンガンチョップ(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 07:12:32.67 ID:UsCR8KyTi.net

アメリカは雑魚、おそロシアだったって事か。

7: キドクラッチ(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 07:17:13.51 ID:lCnJgpRB0.net

何が聖断だよ
今の時代に戦争してる奴は悪魔だろうが

6: ストマッククロー(公衆電話)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 07:15:28.00 ID:oey3MIHj0.net

大陸進出派が観念したから

あんな穢れた大地に拘ってはいかん
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ