国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ

和歌山県

中学生、ヤクザが経営する店でイキり散らして人生終了してしまう

b796

1: 名も無き国民の声 2018/05/07(月) 00:50:54.62 ID:rP9THzON0

3: 名も無き国民の声 2018/05/07(月) 00:51:48.88 ID:rP9THzON0

これはあかんやろ
続きを読む

和歌山県知事さん、上野のパンダと和歌山のパンダが同価値だと勘違いしてしまう

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/12/20(水)16:38:32 ID:goZ

和歌山なんて日本国民の9割が行かないで生涯を終える場所やぞ

2: 名も無き国民の声 2017/12/20(水)16:40:18 ID:I6m

9.99割行かんやろ

3: 名も無き国民の声 2017/12/20(水)16:40:52 ID:4qA

和歌山のパンダの永明は世界中のパンダの存続の鍵だから
同価値とは言えないね。

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513755512/
続きを読む

宗教は受刑者を救う「高野山真言宗」に感謝状 - 和歌山刑務所

b78

1: 名も無き国民の声 2017/12/11(月) 20:27:00.47 ID:CAP_USER9

高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)が、
刑務所で作られた製品の販売場所の提供や教誨師の活動を通じ、
長年にわたり受刑者の更生に貢献してきたとして、和歌山刑務所は11日、
添田隆昭宗務総長(70)に感謝状を贈呈した。 
  
金剛峯寺で鈴木礼子所長から感謝状を受けとった添田宗務総長は
「心のこもった製品を売る機会を通じて矯正の手伝いができ、うれしい。
今後も要望があれば続けていきたい」と話した。 
  
高野山真言宗は戦後間もない頃から、宗教を通して受刑者を指導する
教誨師を同刑務所に出していた。平成27年からは金剛峯寺内に
エプロンや手提げかばんなど刑務所製品の販売場所を設け、
これまでに計約170万円を売り上げ、一部が犯罪被害者の支援に充てられている。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/west/news/171211/wst1712110056-n1.html
続きを読む

映画「ビハインド・ザ・コーヴ」監督「日本は何も言わないという“文化”根が深いのかもしれない」

b5

1: 愛の世代の前に ★ 2016/12/22(木) 21:31:48.66 ID:CAP_USER9

和歌山県太地町のイルカの追い込み漁を批判的に描いた
映画『ザ・コーヴ』への反証として制作されたドキュメンタリー映画

『ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る』(八木景子監督)が18日、
同県串本町の串本文化センター大ホールで上映された。
その後、「クジラと共に生きる」をテーマに八木監督らの
トークショーが開かれ、映画制作への思いを語った。

13日に米国から帰国したばかりという八木監督。映画制作のきっかけについて、
「日本は、南極海での調査捕鯨について国際司法裁判所に訴えられ、敗訴までした。
それに対して『WHY(なぜ)?』の気持ちがあった。
はっきりした答えがあれば、映画は作らなかったと思う」と話した。

映画を制作し、上映するにあたり、最も感じたのは「何も言わない」という“文化”。
言わないことで、起きている問題を回避しようとする。
「まさに、今の日本の国際社会での立ち位置を表している。
それは日本政府が思っているより、根が深いのかもしれない」。
アメリカでの上映を「まずい」と警告したのは、日本人だったという。

今回の映画制作で「今度は慰安婦問題をやってほしい」などの意見もあるという。
「日本が汚名を着せられている問題に向き合って行きたい」との希望は持っているものの、
「今はこの映画をいかに世界で観てもらうかを考えていきたい」と話していた。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://news.livedoor.com/article/detail/12434663/
続きを読む

神さまになった「たま駅長」たま神社開社へ!貴志駅で鎮座祭 2代目ニタマ駅長をそっと見守る

b511

1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/11(火) 04:07:15.27 ID:o1grR348*.net

6月に16歳で死んだ和歌山電鉄のたま駅長をまつる
「たま神社」が11日に開かれるのを前に、たま駅長が勤務していた
貴志駅(紀の川市)で10日、関係者らが集まって鎮座祭があった。

b512








以前からホームに設置されていた小さなほこらを銅板ぶきで改装。
地元の神社の宮司が祝詞(のりと)をあげて、霊をまつった。
小嶋光信社長は「(死んで)50日がたったが、あっという間だった。
形が見えなくなったことはつらいが、魂は大好きだった貴志駅で、
ずっと見守ってくれると思う」と話した。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.asahi.com/articles/ASH8B3CY9H8BPXLB002.html
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ