国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________

大日本帝国

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「軽巡木曾は沈没認定されずに日本兵は毎日軍艦旗を掲揚した」

国家総動員報

441: 名も無き国民の声 04/11/20 00:13:26 ID:???

昭和19年、マニラ湾空襲で集中攻撃を受けて
大破着底した軽巡木曾

ところが「上甲板が海面上に出ている」ため沈没認定されず
沈没認定までの間しばらくは、どう見ても
軍艦とは呼べないような鉄屑の山の上で
毎日軍艦旗の掲揚・降納の儀式を行っていた
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「30年式実包は蛋形弾 38式実包は劣鋭弾」

b329

415: 名も無き国民の声 04/11/19 12:37:19 ID:???

26年式拳銃はライフリングが深く、
更に弾径がライフリングの山径と同じ位な為、
マズルからガスが逃げてしまい相当なパワーロスがある。
(実測計算値ではMEは25ACP並み)
また、その為ライフリングが上手く
弾に食い込まないので充分な回転が与えられず
横転弾になり易い。
ソースは80年代のGUN誌のレポート
豚を撃ったら鼻の横に命中したのだが
皮膚に弾が食い込まずそのままポロリと落ちた
という証言もある。
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「日本を代表する拳銃『二十六年式拳銃』大きな問題点」

国家総動員報

404: 名も無き国民の声 04/11/18 23:02:42 ID:???

光人社の「憲兵よもやま物語」には
明らかなウソがある。
著者の山内一生氏が憲兵になって
はじめて支給されたけん銃が
「二十六年式拳銃で明治時代の物で驚いた」というくだりだが、
二十六年式拳銃は制定こそ明治だが
実際の生産は明治初頭で日本が敗戦する
昭和二十年まで製造された『日本を代表する拳銃』であった。
事実、二十六年式拳銃の総生産数は国内分
(海外にも相当輸出されたので総数は倍になるだろう)
はおよそ六万二千挺、一方南部十四年式自動拳銃は
トライアルや不良品も多く実際に製造・支給された総数は
三万五千~六千挺未満である。
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「気前よく何でも与えた尼子経久と庭の大きな松」

国家総動員報

400: 名も無き国民の声 04/11/18 22:27:10 ID:???

山陰の戦国大名尼子氏。
一般には毛利元就のやられ役と
認知されていないかもしれないが、
それなりに面白い逸話がある。
尼子氏の勢力を元も大きくした経久には、
人から褒められると何でも気前よく
与えるという癖があった。それを聞いたある人が、
「まさかこれはくれないだろう」と庭に植えてあった
松の大木を褒めると、経久は持ち帰れないと思って、
後日薪にして与えた。
続きを読む

朝鮮併合で外国人を受け入れた大日本帝国の通達がこちらです→

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2018/11/27(火) 23:09:08.12 ID:CAP_USER9

15: 名も無き国民の声 2018/11/27(火) 23:10:07.82 ID:0a38mnxF0

>>1

伊藤博文 「嘘つき朝鮮人とは関わってはならない」
吉田松陰 「朝鮮人の意識改革は不可能」
新井白石 「朝鮮人は、
己に都合が悪くなると平気で嘘をつく」
新渡戸稲造 「朝鮮亡国の原因は、
朝鮮民族という人間にある」
福沢諭吉 「この世の中に救いようのない
どうしようもない民族がいる。朝鮮人だ」
夏目漱石 「余は、朝鮮人に生まれなくて良かった」
本田宗一郎 「韓国人と関わるな」.
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ