国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________
イメージ

戦没者慰霊

【皇室】天皇皇后両陛下、武蔵野陵を参拝 先帝陛下(昭和天皇)にパラオ行幸啓の報告をなされる

b752

1: ドリフトツタンカーメン ★ 2015/04/16(木) 14:21:30.08 ID:???*.net

天皇、皇后両陛下は16日午前、
東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇の武蔵野陵、
香淳皇后の武蔵野東陵をそれぞれ参拝された。

宮内庁によると、両陛下は今月8~9日のパラオ訪問を報告されたという。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150416-OYT1T50092.html

5: 名無しさん@1周年 2015/04/16(木) 14:39:05.17 ID:UvwQiEIg0.net

日本軍の英霊達を連れて返られた陛下
亡くなった日本兵や今を生きる遺族の魂までも救われたのだな
続きを読む

【皇室】<パラオ行幸啓>両陛下ペリリュー島で慰霊碑に御供花 生還者の元日本兵らともご面会

b656

1: Anubis ★ 2015/04/09(木) 17:19:04.38 ID:???*.net

戦没者慰霊のためパラオ共和国を訪問中の
天皇、皇后両陛下は9日午前(日本時間同)、
激戦地だったペリリュー島で、日本政府が建立した
「西太平洋戦没者の碑」に供花して犠牲者を追悼された。
碑のそばで出迎えた同島などでの戦いの
生還者の元日本兵らとも面会し、改めて苦労をねぎらわれた。

両陛下は、宿泊先となったコロール島沖の
海上保安庁の巡視船からヘリコプターに乗り、ペリリュー島に移られた。
同島では先の大戦で上陸してきた米軍約5万人を迎え撃った日本軍約1万人がほぼ全滅。
日本政府が昭和60年に米軍上陸地点に近い島南端に碑を建て、英霊を慰めてきた。

両陛下は、日本から持参した白菊の花を碑に供え、深々と拝礼された。
続いて、日本軍約1200人が犠牲になったアンガウル島に向かっても頭を下げられた。
パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の大統領夫妻も同行した。

ペリリュー島の生還者で元海軍上等水兵の土田喜代一さん(95)や
アンガウル島で重傷を負った元陸軍2等兵の倉田洋二さん(88)、
遺族や遺骨収集の関係者らの出迎えを受け、両陛下は一人一人の話に耳を傾けられた。
米軍の慰霊碑にも供花するなどし、同日夕に帰国の途に就かれる。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/life/news/150409/lif1504090021-n1.html
続きを読む

【皇室】<パラオ行幸啓>天皇皇后両陛下、パラオから無事に御帰国あそばされる

b610

1: potpourri ★ 2015/04/09(木) 21:30:31.14 ID:???*.net

太平洋戦争の激戦地だったパラオ共和国を訪問中の天皇、皇后両陛下は9日、
1泊2日の日程を終えて民間のチャーター機で帰国した。
約1万6000人が犠牲になったパラオなどミクロネシア地域の戦没者慰霊は
両陛下の長年の希望で、戦後70年の節目に実現した。

両陛下は8日にパラオ入り。同国のレメンゲサウ大統領夫妻と会見した他、
同国主催の晩さん会では、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の大統領夫妻とも懇談した。

9日には宿泊した海上保安庁の巡視船「あきつしま」から
ヘリコプターで約1万人の日本人が亡くなったペリリュー島を訪問。
日本政府が建立した慰霊碑「西太平洋戦没者の碑」では
日本から持参した白菊の花束を手向け、平和への祈りをささげた。
「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」も訪れ、拝礼した。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150409-00000106-mai-soci

4: 名無しさん@1周年 2015/04/09(木) 21:31:43.26 ID:lp0pny7T0.net

お疲れ様でした。
続きを読む

【皇室】<パラオ行幸啓>天皇皇后両陛下、パラオ晩餐会御臨席 天皇陛下の挨拶全文あり

b655

1: Anubis ★ 2015/04/09(木) 10:45:40.24 ID:???*.net

戦後70年に当たる本年、皇后と共に、
パラオ共和国を訪問できましたことは、
誠に感慨深く、ここにレメンゲサウ大統領閣下のこの度のご招待に対し、
深く感謝の意を表します。

今夕は、私どものために晩さん会を催してくださり、
大統領閣下から丁重な歓迎の言葉を頂き、ありがとうございました。
また、この訪問に合わせ、モリ・ミクロネシア連邦大統領ご夫妻、
ロヤック・マーシャル諸島共和国大統領ご夫妻が
ここパラオ国をご訪問になり、今日、明日と続き、
私どもと行動を共にしてくださることも誠にうれしく、心より感謝いたします。

なお、この度の訪問を前にして、
ミクロネシア連邦を襲った台風の被害を耳にいたしました。
ここに犠牲になられた方々を悼み、ご遺族へのお悔やみをお伝えするとともに、
被害を受けた大勢の方々に心よりお見舞い申し上げます。
地域の復興の一日も早いことを念願しております。

ミクロネシア地域は第一次世界大戦後、
国際連盟の下で、日本の委任統治領になりました。
パラオには、南洋庁が設置され、多くの日本人が移住してきました。

移住した日本人はパラオの人々と交流を深め、
協力して地域の発展に力を尽くしたと聞いております。
クニオ・ナカムラ元大統領はじめ、今日貴国で活躍しておられる方々に
日本語の名を持つ方が多いことも、長く深い交流の歴史を思い起こさせるものであり、
私どもに親しみを感じさせます。

しかしながら、先の戦争においては、貴国を含む
この地域において日米の熾烈(しれつ)な戦闘が行われ、多くの人命が失われました。
日本軍は貴国民に、安全な場所への疎開を勧める等、
貴国民の安全に配慮したと言われておりますが、
空襲や食糧難、疫病による犠牲者が生じたのは痛ましいことでした。
ここパラオの地において、私どもは先の戦争で亡くなった
すべての人々を追悼し、その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います。

また、私どもは、この機会に、この地域の人々が、
厳しい戦禍を体験したにもかかわらず、戦後に慰霊碑や墓地の管理、
清掃、遺骨の収集などに尽力されたことに対して心から謝意を表します。

ミクロネシア3国と日本との外交関係が樹立されてから20年以上がたちました。
今日、日本とこの地域との間では漁業や観光の分野を中心として
関係が深まってきていることは誠に喜ばしいことです。
今後それぞれの国との間で一層交流が盛んになることを願ってやみません。

ここに杯を上げて、パラオ共和国大統領閣下、
令夫人、ミクロネシア連邦大統領閣下、令夫人、及び、
マーシャル諸島共和国大統領閣下、令夫人のご健勝と
それぞれの国の国民の幸せを祈ります。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150409k0000m040143000c.html
続きを読む

墓守として慰霊碑を管理“パラオの父と母”と呼ばれたトヨミ・オキヤマさんと夫のシゲオ・テオンさん「夫妻がいなければ遺骨収集は進まなかった」

b639

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/04/08(水) 15:18:45.64 ID:???

先の大戦で日米の激戦地となった
パラオ共和国ペリリュー島。5日、11年ぶりに同島入りした
村井正巳さん(79)=盛岡市=は、
同島守備隊の英霊がまつられた慰霊碑「みたま」などが建つ
北部の共同墓苑(ぼえん)で静かに手を合わせた。

5年前にがんの手術を受けたが、
天皇、皇后両陛下のご慰問を知って駆けつけた。
「おやじも涙を流すでしょう」。補給を絶たれつつも奮戦した陸軍少将の父、
権治郎さんを思い、碑に故郷の水をかけ、好物の南部せんべいを供えた。

久しぶりに見た慰霊碑に「きれいなままですね」と、村井さんがつぶやく。
昭和47年に建立されてからすでに40年以上がたつが、
周りの雑草はきれいに刈り取られて清掃も行き届き、碑は輝きを保っている。

思い出すのは、過去3度の訪問で温かく迎えてくれた島の元酋長(しゅうちょう)、
トヨミ・オキヤマさんと、夫のシゲオ・テオンさんだ。
なかなか訪島できない遺族らにトヨミさんらは
「私たちはみなさんの家族。死ぬまでしっかりお墓を守ります」と語っていたという。

b638b637

















シゲオさんとトヨミさんを、
日本側関係者は親しみを込め「パラオの父、母」と呼んだ。
3千キロも離れた異郷で眠る大切な人を思う戦友や遺族らに代わり、
「墓守」として慰霊碑の維持・管理を担ってきた。

トヨミさんは父が八丈島の船大工、
母がペリリュー島の酋長の娘という日系2世。
シゲオさんは両親が仙台市からパラオに移住した後に生まれた日本人だ。
それぞれ「沖山豊美」「庄子茂夫」の日本名を持っているが、
慰霊碑を守ってきたのはペリリューの人間としてだったという。

慰霊碑の建立は現地の人々の協力がなければ実現しなかった。
戦友や遺族らが当時の酋長から共同墓苑として土地を借り受け、
建てられたのが「みたま」。今では取り囲むように、
遺族会や戦友・遺族個人など50基以上の碑が立ち並ぶ。

トヨミさんが平成13年、シゲオさんが20年に死去した後も、
息子で現酋長のイサオ・シゲオさん(76)が思いを引き継ぎ、
集落の持ち回りで多くの島民が清掃などにかかわる。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/life/news/150406/lif1504060020-n1.html
続きを読む

【皇室】天皇皇后両陛下パラオへ御出発 戦後70年「慰霊の旅」

b634

1: Anubis ★ 2015/04/08(水) 11:38:56.29 ID:???*.net

天皇、皇后両陛下は8日午前、羽田空港から
民間のチャーター機でパラオ共和国に向けて出発された。
戦後70年の節目にあたり、両陛下の強い思いから実現した「慰霊の旅」で、
9日には太平洋戦争で日米合わせて約1万2000人が犠牲になった
同国のペリリュー島を訪問。同日夜に帰国する。

午前11時から空港の貴賓室で行われた出発行事には、
皇太子さまと秋篠宮さま、安倍晋三首相らが参加。

天皇陛下は
「終戦の前年には、これらの地域で激しい戦闘が行われ、
幾つもの島で日本軍が玉砕しました。
この度訪れるペリリュー島もその一つで、この戦いにおいて
日本軍は約1万人、米軍は約1700人の戦死者を出しています。
太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、
私どもは決して忘れてはならないと思います」と述べた。

両陛下は到着後、同国のレメンゲサウ大統領夫妻と会見する他、
戦争で多くの日本人が命を落としたミクロネシア連邦と
マーシャル諸島の大統領夫妻とも懇談する。

夜は海上保安庁の巡視船「あきつしま」に宿泊。
9日にはヘリコプターでペリリュー島に渡り、
「西太平洋戦没者の碑」などを訪問する。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150408k0000e040234000c.html
関連記事
 【皇室】パラオ御訪問に向け、天皇陛下の御言葉
「節目の年に当たり、戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、
パラオ共和国を訪問いたします」(全文あり)
http://totalwar.doorblog.jp/archives/43537147.html

2: 名無しさん@1周年 2015/04/08(水) 11:39:15.25 ID:ywSB91Sv0.net

ご苦労さまです。
続きを読む

【皇室】パラオ御訪問に向け、天皇陛下の御言葉「節目の年に当たり、戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、パラオ共和国を訪問いたします」(全文あり)

b633

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/04/08(水) 11:51:39.28 ID:???

天皇陛下は、戦没者の慰霊などのため
皇后さまと太平洋戦争の激戦地パラオに向けて
出発するのを前に「悲しい歴史があったことを、
私どもは決して忘れてはならないと思います」と述べられました。

天皇陛下は、皇后さまとパラオに出発するのを前に、
羽田空港で行われた出発行事でおことばを述べられました。

天皇陛下は冒頭「本年は戦後70年に当たります。
先の戦争では、太平洋の各地においても激しい戦闘が行われ、
数知れぬ人命が失われました。祖国を守るべく戦地に赴き、
帰らぬ身となった人々のことが深く偲(しの)ばれます」と述べたうえで、
「私どもはこの節目の年に当たり、戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、
パラオ共和国を訪問いたします」と話されました。

天皇陛下はまた、終戦の前の年には
太平洋のいくつもの島で日本軍が玉砕し、
ペリリュー島では日本軍およそ1万人と
アメリカ軍およそ1700人が戦死したとしたうえで、

「太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、
私どもは決して忘れてはならないと思います」と述べられました。

そして最後に、「この度のパラオ共和国訪問が、
両国間にこれまで築かれてきた友好協力関係の
更なる発展に寄与することを念願しています」と締めくくられました。

・天皇陛下のおことば(全文)

本年は戦後70年に当たります。
先の戦争では、太平洋の各地においても激しい戦闘が行われ、
数知れぬ人命が失われました。祖国を守るべく戦地に赴き、
帰らぬ身となった人々のことが深く偲ばれます。

私どもはこの節目の年に当たり、戦陣に倒れた
幾多の人々の上を思いつつ、パラオ共和国を訪問いたします。

パラオ共和国は、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国と共に、
第1次世界大戦まではドイツの植民地でしたが、
戦後、ヴェルサイユ条約及び国際連盟の決定により、
我が国の委任統治の下に置かれました。

そしてパラオには南洋庁が置かれ、
我が国から多くの人々が移住し、昭和10年頃には、
島民の数より多い5万人を超える人々が、
これらの島々に住むようになりました。

終戦の前年には、これらの地域で
激しい戦闘が行われ、幾つもの島で日本軍が玉砕しました。
この度訪れるペリリュー島もその一つで、
この戦いにおいて日本軍は約1万人、米軍は約1700人の戦死者を出しています。
太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、
私どもは決して忘れてはならないと思います。

この度のパラオ共和国訪問が、
両国間にこれまで築かれてきた友好協力関係の、
更なる発展に寄与することを念願しています。
私どもは、この機会に、この地域で亡くなった日米の死者を追悼するとともに、
パラオの国の人々が、厳しい戦禍を体験したにもかかわらず、
戦後に、慰霊碑や墓地の清掃、遺骨の収集などに尽力されてきたことに対し、
大統領閣下始めパラオ国民に、心から謝意を表したいと思っております。

この訪問に際し、ミクロネシア連邦及び
マーシャル諸島共和国の大統領御夫妻が私どものパラオ国訪問に合わせて
御来島になり、パラオ国大統領御夫妻と共に、
ペリリュー島にも同行してくださることを深く感謝しております。

終わりに、この訪問の実現に向け、
関係者の尽力を得たことに対し、深く感謝の意を表します。



全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150408/k10010041721000.html

引用元:【皇室】「日本軍1万人、米軍1700人の戦死者を出した悲しい歴史 決して忘れぬ」 
パラオ訪問に向け、天皇陛下のおことば(全文)

【皇室】天皇皇后両陛下、明日パラオへ御出発 パラオでは4月9日を「天皇皇后両陛下ご訪問の日」として祝日に制定

b631

1: Anubis ★ 2015/04/07(火) 20:10:31.85 ID:???*.net
 
天皇皇后両陛下は8日からパラオを訪問される。
現地では受け入れの準備が整い始めている。

パラオの中心部コロールでは、大通りで日本国旗の飾り付けが行われるなど、天皇皇后両陛下の歓迎準備が進んでいる。
また、両陛下が宿泊される海上保安庁の巡視船もすでに到着していて、慰霊が行われるペリリュー島に移動するためのヘリコプターの発着訓練も行われている。

さらに、ペリリュー州のシュムル知事は、慰霊が行われる4月9日を「天皇皇后両陛下ご訪問の日」として、今後も州の祝日とすることを法律で決定したと、7日、初めて明らかにした。

両陛下は8日午前、日本を出発される。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.news24.jp/articles/2015/04/07/07272531.html

6: 名無しさん@1周年 2015/04/07(火) 20:12:05.51 ID:Gp6N296EO.net

陛下御苦労様です

9: 名無しさん@1周年 2015/04/07(火) 20:12:25.83 ID:2tuXBqaS0.net

祝日まで作ったんだ。すごいな
続きを読む

【皇室】天皇皇后両陛下、10年来の思い 8日からパラオ行幸啓(御訪問)戦没者慰霊の為

b607

1: シャチ ★ 2015/04/05(日) 21:48:09.91 ID:???*.net

天皇、皇后両陛下は8、9日、
戦後70年での戦没者慰霊のため、
激戦地だったパラオ共和国を訪問される。
海外への「慰霊の旅」は、戦後60年の米自治領サイパン島に続き2度目。
パラオご訪問は移動手段の問題などで一度断念しており、
80歳を超えた両陛下は厳しい条件を受け入れつつ10年来の宿願をかなえられる。

ご訪問を目前にした5日、
激戦地のペリリュー島から生還した元日本兵や遺族らが同島入り。
両陛下が宿泊される海上保安庁の巡視船「あきつしま」もすでに停泊地に到着したほか、
地元住民らがご訪問先の施設周辺を清掃するなど出迎えの準備が進んでいる。

パラオは第一次世界大戦後に日本の委任統治領となり、
先の大戦ではペリリュー島で米軍約5万人を迎え撃った
日本軍約1万人が徹底抗戦の末にほぼ全滅。
生還者はわずかで「忘れられた島」ともいわれてきた。

天皇陛下の強いご意向を受け、戦後60年を前にパラオのご訪問も検討されたが、
移動手段や警備上の問題などから断念。
両陛下は平成17年6月、サイパン島で初の海外での慰霊を果たされた。

戦後70年を前にした昨年、パラオご訪問が再浮上。
民間機と海保のヘリコプターの活用で移動の問題をクリアし、
巡視船に宿泊する異例の選択も受け入れられた。
側近は「慰霊のお気持ちの前では多少の悪条件は支障にならない。
準備は整った」と話している。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000561-san-soci

5: 名無しさん@1周年 2015/04/05(日) 21:50:55.04 ID:gwSrvkPp0.net

>>1

帝の風邪の具合は大丈夫なのかなぁ
続きを読む

パラオ大統領「天皇皇后両陛下の訪問を光栄に思い、また感謝致します/日本とパラオは兄弟です」

b614

1: Anubis ★ 2015/04/06(月) 15:49:29.23 ID:???*.net

天皇皇后両陛下は、戦後70年にあたって、
太平洋戦争の戦没者の慰霊などのため、
8日から太平洋の島国パラオを訪問されます。

これを前に、パラオのレメンゲサウ大統領がNHKのインタビューに応じ、
「両陛下の訪問は、両国の親密な関係をさらに強固にする」
などと述べて歓迎や期待の気持ちを表しました。

両陛下は8日から2日間の日程でパラオを公式訪問し、
太平洋戦争の激戦地ペリリュー島を訪れて戦没者を慰霊するほか、
パラオ側が主催する歓迎の晩さん会などに出席されます。

これについて、レメンゲサウ大統領は
「戦後70周年という追悼の年に両陛下がパラオを訪問されることを光栄に思い、
とても感謝しています。国民は興奮してとても楽しみにしています」と述べました。

そして、両陛下が慰霊のためペリリュー島を訪問されることについては、
「日本と同じように、パラオにも慰霊という文化的価値観があります。
70周年というのは、パラオと日本が戦争で起きたことを追悼し、
平和のために祈りをささげるうえで非常に重要な機会です」と語りました。

また、終戦までおよそ30年にわたって日本が統治していたパラオには、
今でも日本のことばや文化、習慣などが根づいていることに触れたうえで、
「私たちの関係は単なるパートナーシップではなく、むしろ兄弟関係に近い。
日本が兄で、パラオが弟です。

両陛下の訪問は、両国のすでに親密な関係をさらに強固にするための象徴であり、
すばらしい機会となるでしょう」と話しました。
そして、「両陛下の訪問が日本の人々にパラオのことをもっと知ってもらい、
両国の友情への理解を深める機会になればと期待しています」と述べました。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150406/k10010040011000.html
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ