国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

摂政

【皇室】櫻井よしこ氏ら「譲位ではなく摂政を」天皇陛下の譲位で有識者ヒアリング

b289

1: アキレス腱固め(神奈川県) 2016/11/16(水) 17:45:45.85 ID:kM5FYxRa0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典

天皇陛下の生前退位に関して政府が設けた諮問機関
「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が11月14日に行われ、
憲法や皇室制度の専門家らを招いた2度目のヒアリングが実施された。
この日は6人が意見を述べ、2人が退位に賛成。ジャーナリストの
櫻井よしこ氏ら4人が「譲位に反対」の立場から意見を述べた。

この日見解を提出したのは、渡部昇一・上智大名誉教授、
ジャーナリストで朝日新聞皇室担当特別嘱託の岩井克己氏、
笠原英彦・慶応大教授、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、
石原信雄・元内閣官房副長官、今谷明・帝京大特任教授の6人だった。

■主な反対・慎重の意見
ジャーナリストの櫻井よしこ氏

天皇が世俗の権力の上位に立ち、見事に国民の心を統合したのが
明治維新。その折、先人たちは皇室と日本国の将来の安定のために
譲位の制度をやめた。国民の幸福と国家安寧の基軸である皇室には、
何よりも安定が必要。また、歴史を振り返れば譲位は度々政治利用されてきた。
祭祀に加えて、陛下はご自分なりの象徴天皇の在り方を模索される中で、
各地への旅を実践してこられた。しかし、次の世代の天皇は
自らの思いと使命感で自らの天皇像を創り上げて行かれるはず。
求められる再重要のことは、祭祀を大切にしてくださる一点に尽きる。
恒例の陛下への配慮は当然だが、国家のあり方の問題は別である。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/14/seizen2_n_12975800.html
続きを読む

【皇室】畏くも天皇陛下に於かせられましては「摂政では駄目なんだ!譲位でないと…」摂政の提案を強い口調で否定遊ばされていた

b677

1: ボ ラギノール(宮城県) 2016/10/16(日) 12:28:14.09 ID:P6Q/Uaap0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

天皇陛下、6年前に強いご決意 
「譲位」というお言葉明確に 「『摂政』じゃ駄目なんだ」と

■「健康上の問題が起きる前に譲位を考えたい」

天皇陛下が強い意向を示されている
「生前退位」の実現の是非を最大の論点に、政府の有識者会議の
初会合が17日に開かれる。宮内庁関係者によると、
8月のお気持ち表明より6年前、陛下は皇后さまを
はじめとする身近な関係者に向かい、すでに退位への決意を打ち明けられていた

平成22年7月22日夜。皇室に関する重要事項などについて、
陛下の相談役を務める当時の宮内庁参与3人が
皇居・御所の応接室に集められた。いわゆる参与会議といわれる場だ。
天皇、皇后両陛下のほか、宮内庁の事務方トップの長官、
側近トップの侍従長も顔をそろえていた。

会議関係者によると、
いつもの通り「座長役」を務めた陛下が、おもむろにこう切り出された。

「近い将来、健康上の問題が起きる前に『譲位』ということを考えたい」
8月のお気持ち表明当日、当時の風岡典之長官は
「5、6年前から折に触れ、長官らに『象徴としての務めを
果たすことが困難になった場合、象徴の務めについて
どのように考えればいいのか』と話されてきた」と説明していた。

風岡氏は「当初は漠然としたお話だった」と述べていたが、
会議の様子を知る関係者は「『譲位』という言葉で明確におっしゃった。
すでに熟慮を重ね、意思を固めておられる印象だった」と振り返る。

出席者は一様に、皇室典範で規定され、大正天皇の前例もある
「摂政」で対応されるよう翻意を促したが、陛下は「摂政では駄目なんだ」と
強い口調で否定された。いつになく活発に意見が交わされ、
「公務を減らして在位されてもいいのでは」との
対案も出たが、陛下は最後まで譲られなかった。

陛下にとって「天皇の地位と活動は一体不離」(宮内庁幹部)。
会議関係者も「公務の負担軽減を念頭に置かれていない。
ましてや摂政で代行できるものではないという強い信念をお持ちだ」と感じたという。

会議の後、次第に宮内庁の一部幹部の間にも
「譲位を問題意識として持ってもらいたい」とのお考えが伝えられ、
水面下で歴代天皇の生前退位の例や欧州の王室制度などについて
調査が進められたという。

宮内庁側は昨年、お気持ちご表明にふさわしい時期を迎えたとして、
12月の陛下のお誕生日会見を具体案として検討。
最終的には、フィリピンでの戦没者慰霊などを終え、
今年8月のご表明に落ち着いた。

関係者は「陛下は、将来的な皇室制度の課題を誰よりも考えてこられた。
お気持ち表明で、国民的な議論のきっかけが作られた。
有識者会議には国民の自由な議論を喚起する提言を望みたい」と話した。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/life/news/161016/lif1610160017-n1.html
続きを読む

天皇をそろそろ上皇にしてやれよ…次期天皇は佳子、その次は悠仁かその子供でいいだろ

b677

1: ニールキック(チベット自治区)@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 15:49:52.03 ID:Y+RrzXK40.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

全国植樹祭で植樹される天皇、皇后両陛下=
17日午前、石川県小松市の木場潟公園
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150517-00000012-jijp-000-2-view.jpg

2: 16文キック(禿)@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 15:53:57.65 ID:eNlA1zc40.net

はい
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ