国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________
イメージ

東部方面隊

“疑惑”ではなく“事実”だった…60代の元陸自幹部 ロシアに情報漏洩か 警視庁公安部が事情聴取

b692

1: coffeemilk ★ 2015/06/07(日) 08:51:25.47 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)

陸上自衛隊の元幹部が、諜報活動に関与していたとみられる
ロシア大使館関係者らとの接触を確認され、警視庁公安部が
元幹部の自宅を家宅捜索し、事情を聴くなどしていたことが6日、
関係者への取材で分かった。

公安部は、元幹部が大使館関係者に職務上知り得た情報などを
漏洩(ろうえい)した可能性があるとみて、自衛官の守秘を定めた
自衛隊法違反の疑いなどを視野に慎重に捜査を進めている。

関係者などによると、元幹部は60代の男性で
陸自の重要ポストを経て、平成21年に退官した。

元幹部は退官後、ロシア大使館関係者らと面識を持ち、
接触を重ねていたとみられるという。元幹部は大使館関係者側に対して、
陸上自衛隊の戦術などについて記述された
「教範」と呼ばれる冊子を譲渡した可能性がある。

譲渡した冊子は自分の部下だった自衛官に依頼するなどして
入手したとみられる。元幹部は公安部の聴取に対し、
冊子を渡したことを認めているという。

公安部は、譲渡したとされる冊子の内容を確認した上で
防衛省に照会を行ったが、自衛官であれば誰でも購入でき、
秘密性は低いとみられるという。

公安部は、元幹部が重要性の高い情報を
漏洩させた可能性もあるとみて、さらに調べを進めている。

自衛隊法では、自衛官らが職務上知ることのできた秘密を
漏らしてはならないとする守秘義務を定めている。
守秘義務は退官後も、同様に課せられる定めとなっている。

関係者によると、元幹部が接触していた大使館関係者の中には、
ロシア軍の諜報機関「参謀本部情報総局」(GRU)所属の人物が含まれていたという。
GRUは多数の情報員を「外交官」として各国の在外公館に送り込んでいるとされる。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00000501-san-soci
関連記事
日本の国防を根底から揺るがす大疑惑!
元・陸上自衛隊の東部方面総監に「ロシアスパイ疑惑」浮上 
http://totalwar.doorblog.jp/archives/44330829.html
続きを読む

日本の国防を根底から揺るがす大疑惑!元・陸上自衛隊の東部方面総監に「ロシアスパイ疑惑」浮上

b847

1: coffeemilk ★ 2015/06/06(土) 10:43:53.46 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)

混迷が続く「安保法制」の国会審議。
そこへ追い打ちをかけるような、とんでもない防衛スキャンダルが
ここにきて持ち上がっているという。匿名を条件に、
ある防衛省関係者が打ち明ける。
 
「陸上自衛隊の大物OBが、あろうことか、ロシアの情報将校と接触し、
自衛隊内部の文書を渡していたという疑惑が持ち上がっています。
しかも、この大物OB、その立場を利用して、かつての部下だった
現職自衛官に文書を持ち出させたというおまけ付き。
万が一、情報漏えい事件として立件されようものなら、
安保法制の審議はストップしてしまいます」

官邸を悩ませている疑惑について、さっそく報告していこう。

陸上自衛隊では、ナンバーワンに当たる陸上幕僚長のもと、
全国を5つのブロックにわけて「方面総監部」を置いている。
疑惑の人物は、首都を守る方面総監部を率いるトップ「東部方面総監」だったという。
 
「その東部方面総監は陸上自衛隊内で、いわゆる情報担当をつとめたことがあります。
陸海空の3つの自衛隊を総括する統合幕僚会議で作戦参謀として活躍したこともあり、
まさに主流派として王道を歩いていました」(防衛省担当記者)

数年前退官したこの元総監は、やがて世界的なメーカーの顧問に就任すると、
世界中を飛び回っていたらしい。とても社交的な性格で、
ロシア人に限らず、外国人との接触も多かったようだ。
そんな中、疑惑とされる「接触」が行われたという。
前出の防衛省関係者の話。

「日本国内にあるロシア大使館駐在のロシア軍部出身者と接触し、
防衛に関する複数の資料を提供してしまったようです。
防衛省が困ったのは、ほかでもない、警察当局のいわゆる外事警察がピッタリとマークし、
受け渡し現場をつぶさに撮影していたからなんです」

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://lite-ra.com/i/2015/06/post-1164-entry.html
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ