国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

海行かば

「海行かば」軍歌か鎮魂歌か 平和市民のクレームで市教委イベントの後援見送り

b223

1: 名も無き国民の声 2018/03/02(金) 08:41:46.25 ID:4EXgRyqt0● BE:844481327-PLT(13345)
 
イベントの名称は「日本の心を歌う集い」。
唱歌などに表れる日本の美しい言葉と旋律で、感動を共有しようとするのが目的。
平成28年から行われており、今年で3回目となる。 
  
実行委によると、過去2回はいずれも、
八千代市と同市教委が後援に名を連ねていた。
昨秋に例年通り後援を申請したが市教委が見送ったため、
主催者側が審査請求を行って理由を尋ねたところ、
「社会通念上、軍歌とされる『海行かば』が歌われる」
「この歌を歌えば戦争賛美、戦死賛美を助長しかねない」
といった理由が示されたという。一方、市は今回も後援を決め、対応が分かれた。 
  
【用語解説】海行かば

奈良時代の歌人、大伴家持が万葉集に詠み込んだもので、
昭和12年、作曲家の信時潔が歌曲としたことで有名になった。
戦時中、大本営の戦果発表で使われたり、出征兵士を送る曲や
戦没者の遺骨を迎える際に流されたりした経緯がある。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/smp/life/news/180302/lif1803020001-s1.html
続きを読む

「君が代」以外に国歌候補曲があった!宮内省「御国歌」陸軍省「扶桑」ほか

b719

1: 北村ゆきひろ ★ 2015/08/19(水) 23:07:29.41 ID:???*.net

明治初期に誕生して以来、波乱の歴史を歩んできた「君が代」。
本連載では「5つの君が代が存在していた」第1回を皮切りに、
新書『ふしぎな君が代』の著者が、「私たちの知らない君が代」の
裏話が次々に明らかにしてきます。今回は「君が代」以外にも
実は国歌候補が存在してというお話。
「君が代」はそれら候補とは何が違い、生き残ってきたのでしょうか――。

「君が代」以外の国歌候補曲があった?

日本の国歌といえば「君が代」。現在ではそれが当たり前のようになっています。
しかし、かつては「君が代」以外の歌が国歌候補として作られていたことがありました。
「君が代」ははじめから揺るぎない国歌ではなかったのです。
そこで今回は、「君が代」以外の国歌候補5曲をご紹介します。

①宮内省の「御国歌」

②陸軍省の「扶桑」

③文部省の「明治頌」

④日教組の「緑の山河」

⑤壽屋の「われら愛す」

ここにご紹介した国歌候補曲の歌詞は、
近刊の拙著『ふしぎな君が代』に掲載してありますので、ご興味のある方は
そちらをご覧いただければと思います。歴史を通じてみれば、
「君が代」が実は様々な対抗馬を打ち倒してきた、
力強い歌だったということがわかっていただけるでしょう。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.gentosha.jp/articles/-/4081
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ