国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

田母神俊雄

田母神閣下「北朝鮮ミサイル緊迫してない、政府はどうでもいいことで大騒ぎしてる」→

b915

1: 名無し募集中。。。  2017/08/21(月) 17:33:37.50 0

>>1

田母神俊雄?認証済みアカウント
@toshio_tamogami

北朝鮮がミサイルを撃ったとかで総理などが夜中に官邸に駆け付けたようであるが、
それほど緊迫した事態ではないと思う。せいぜい自衛隊に任せておけば十分である。
これも日報隠ぺい問題と同じで、どうでもいいようなことで大騒ぎしているだけである。
https://twitter.com/toshio_tamogami/status/891179897120411649

孫むすめ? @LrljawtP7q3CcdD 
返信先: @toshio_tamogamiさん
左翼の人が、このツイート見て喜んでいたんですけど、
田母神さんは左翼の人なんですか? 
続きを読む

田母神被告、控訴 公選法違反で有罪判決「これは冤罪」

b420

1: ばーど ★ 2017/06/02(金) 14:29:56.72 ID:CAP_USER9

2014年の都知事選後に運動員に報酬を支払ったとして、
公職選挙法違反(買収)の罪で有罪判決を受けた元航空幕僚長・田母神俊雄被告(68)が
2日、東京地裁判決を不服として控訴した。
地裁判決は「被告は現金供与を了承し、一部で増額を指示した」と判断。
懲役1年10カ月執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

田母神被告は逮捕時から一貫して否認。
判決後、田母神被告は自身のツイッターで
「全く身に覚えの無い事で有罪にされてはかなわない。
弁護士代もかかるので辛(つら)いのですがこれは冤罪(えんざい)。
最後まで戦います」と述べていた。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.asahi.com/articles/ASK623D9YK62UTIL007.html

4: 名無しさん@1周年 2017/06/02(金) 14:31:26.54 ID:nGv5uFpQ0

>>1
 
田母神氏支持
続きを読む

保守派の期待を裏切った田母神被告に懲役1年10か月 執行猶予5年

b458

1: 曙光 ★ 2017/05/22(月) 10:11:35.41 ID:CAP_USER9

46: 名無しさん@1周年 2017/05/22(月) 10:30:49.43 ID:BjMherR40

>>1

元自衛官つっても情報戦には疎いことを露呈した事件だったな

身内の身辺調査から始めるのは基本中の基本だろうに

359: 名無しさん@1周年 2017/05/22(月) 13:35:46.03 ID:mjgPe5lp0

>>46

自衛隊なんか戦力にならんよね。情報収集の段階で負けてるんだから。
続きを読む

田母神被告「自分は指揮官。『お膳立て通りに踊ってくれ』といわれ、踊っていただけだ」

b354

1: 魔神風車固め(茸) 2016/12/01(木) 15:18:27.54 ID:spwZwKOV0

「自分は指揮官。お金のことは部下に任せていた。
現金配布は部下がやったことで、了承はしていない」。

平成26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に現金を配ったとして、
公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、
田母神(たもがみ)俊雄被告(68)の公判が1日、
東京地裁(家令和典裁判長)で開かれた。検察側による被告人質問が行われ、
田母神被告は改めて無罪を主張した。

この公判の争点は、選挙を手伝った陣営の運動員に対して
元陣営幹部が行った報酬配布を、田母神被告が了承していたかどうか。
検察側は「了承があった」として、田母神被告も共謀関係にあったと指摘。
一方、弁護側は「了承はない」と無罪を主張している。

11月17日の公判では弁護側による被告人質問が行われ、
田母神被告は「運動員への報酬支払いを元陣営幹部から提案されたとき、
あまりに多額だと感じ、中止させようと考えた。
自分では了承したつもりはない」と主張。

ただ、運動員に選挙後に報酬を渡す行為が違法だとは知らなかったとして、
「自分の知らない間に報酬が配布されてしまっていた。
一度支払ったお金を『返してくれ』とはいえないので、
『仕方ないな』と受け入れていたのは事実だ」などとも話していた。

田母神被告は検察側の被告人質問で、「あなたは当時、政治団体の代表だった。
最終的な決裁権はあなたにあったはずだ」と指摘されると、
「それはその通りだが、元陣営幹部から『お膳立て通りに踊ってくれ』といわれ、
踊っていただけだ。お金のことは部下がきちんとやってくれると思っていた」と主張。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/affairs/news/161201/afr1612010022-n1.html
続きを読む

検察官「指揮官が嘘をついて恥ずかしくないのか!!」田母神被告「もう二度と政治の世界には関わらない…」

b657

1: キドクラッチ(禿) 2016/11/17(木) 20:34:37.59 ID:sS6+G6MZ0 BE:624317166-2BP(3000)

「もう政治には関わらない」公選法違反事件の田母神俊雄被告 
被告人質問で露呈した“脇の甘さ”

「報酬支払いを元陣営幹部から提案されたとき、あまりに多額だと感じ、
中止させようと考えた。自分では了承したつもりはない」。
平成26年2月の東京都知事選に出馬した際、選挙運動員に報酬として
現金を配ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた
元航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄被告(68)は、17日の公判で行われた
被告人質問で、改めて無罪を主張した。
この日は弁護側からの質問のみを実施。検察側の質問は次回に行われる。

田母神被告は取り調べで、検察官から
「部下が正直に認めているのに、指揮官が嘘をついて
言い逃れをしようとして恥ずかしくないのか」「女々しいぞ」などと
怒鳴られたなどのエピソードなども明らかにした。

これについて田母神被告は「自分の選挙で
こういうことが起きてしまった道義的責任は感じている。
指揮官として責任を取らないといけないのではないか、
無罪を主張していいのかという気持ちもあった。
しかし、やっていないことを認めて、罪になるのは自分で認められない」と主張。
その一方で、「今後はどんな判決が出ても、
政治に携わることはない」とする考えを明かした。

田母神被告がどこまで真実を語っているかは本人のみぞ知る。
しかし今回の事件で、法律に対する無知さや、
陣営幹部による横領に長期間気付かなかったという危機管理の甘さ、
周囲の言いなりになっていたという主体性のなさなどが明らかになった。

一時は“保守派のスター”ともてはやされた田母神被告の実像が浮かび上がったことが、
この裁判の最も大きな意義なのかもしれない。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161117/afr1611170020-s1.html
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ