国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

皇室会議

立憲民主党の赤松広隆「皇室の神事は国民生活に何の関係もない。」←これ皇室会議での発言なんだぜ…

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/12/16(土) 10:40:33.95 ID:h+bvMjRc0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典

皇室会議で赤松広隆衆院副議長「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」など発言 
不適格者は相当にいそうだ 12月16日 
  
美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が今月6日、
米ニューヨークでの競売で『昭和天皇独白録』の原本とされる文書を
落札したとの記事を目にし、久しぶりに同書を読み返した。
「現代史、なかでも昭和史にもっとも精通した歴史的証人」(現代史家の秦郁彦さん)である
昭和天皇の目に、世界はどう映ったか。 
  
▼昭和天皇は、大東亜戦争の遠因として、
第一次大戦後の1919年のパリ講和会議で、日本が提出した
人種差別撤廃案が否決されたことを挙げている。
それに加えての24年の米排日移民法成立は、
「日本国民を憤慨させるに充分(じゅうふん)なもの」だったと。 
  
▼41年に米国が日本への石油輸出を禁止したことについても、
日本を窮地に追い込んで「万一の僥倖(ぎょうこう)に期しても、
戦つた方が良いといふ考が決定的になつたのは自然の勢」と述べている。
平和を希求しながらも視線は冷徹で、合理的である。 
  
▼その昭和天皇も現天皇陛下も、
国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。
政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、
「元日は早朝から重要行事が続く」との
宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。 
  
▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した
赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。産経新聞の取材では、
常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に
何の関係もない」「年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。 
  
▼この際、皇室典範を改正して衆参両院の議長、副議長が
自動的に皇室会議の議員になるという在り方は改めてはどうか。
過去の議長、副議長を振り返っても不適格者は相当にいそうである。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html
続きを読む

【皇室】天皇陛下退位 再来年4月30日か3月31日の2案に 安倍首相が陛下に内奏

国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/11/21(火) 19:10:18.49 ID:CAP_USER9
  
政府は、天皇陛下が退位される日程の決定に向けて、安倍総理大臣が、
三権の長である衆参両院の議長や最高裁判所の長官、そして皇族から意見を聴く、
皇室会議を来月1日に開催する方針を固めました。退位の日程について、
政府は、再来年4月30日と3月31日の2つの案に絞り込んでいて、
皇室会議の意見を考慮に入れて最終的に決定する見通しです。 
  
安倍総理大臣は21日夕方、皇居を訪れ、天皇陛下に
国事行為に関するご報告をする「内奏」を行いました。
「内奏」の内容は明らかにされませんが、安倍総理大臣はこの場で
皇室会議の日程も報告したものと見られます。

一方、陛下の退位と皇太子さまの即位の日程について、
政府は、統一地方選挙が終わったあとの再来年4月30日に退位、
翌5月1日に即位という案と、年度が替わる再来年3月31日に退位、
翌4月1日に即位という案の2つに絞り込んでいて、皇室会議で出された意見を
考慮に入れて最終的に決定する見通しです。

また、政府は、天皇陛下の退位や皇太子さまの即位の儀式などについて
検討を進めるため、年明けにも、菅官房長官を長とする
委員会を設置する方向で調整を進めています。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171121/k10011231291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001
続きを読む

【皇室】天皇陛下の退位日の決定「12月検討」政府、皇室会議で意見聴取

b530

1: 名も無き国民の声 2017/09/03(日) 02:28:06.74 ID:CAP_USER9
 
天皇陛下の退位を実現する期日を巡り、政府内で
12月に決定・公表する案が検討されていることが分かった。
決定の前提となる皇室会議での意見聴取を実施する時期として、
同月23日の天皇誕生日前後が浮上している。政府関係者が2日、明らかにした。
来年が見込まれた当初の想定から年内決定への前倒しを検討する中で
「静かな環境」(政府筋)を確保する観点から、10月の衆院3補欠選挙や
秋の臨時国会会期中は回避する方向だ。 
  
より早期の決定を求める声が宮内庁にある一方、
政治情勢次第で来年にずれ込むなど流動的要素も残る。
政府は宮内庁などと調整し、皇室会議の開催時期を判断する。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017090201001897.html
続きを読む

【皇室】新元号は改元の半年以上前に発表する方針=政府

b708

1: 記憶たどり。 ★ 2017/01/11(水) 14:13:39.40 ID:CAP_USER9

政府は、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、
同時に元号を改める検討に入った。

新元号は改元の半年以上前に公表する方向だ。

平成30年(2018年)の区切りで天皇陛下の退位を実現すると
ともに、国民生活への影響を最小限に抑えるため、新元号は
元日から始め、事前に公表することが望ましいと判断した。
政府は一代限りの退位を可能にする特例法案を20日召集の
通常国会に提出する方針で、陛下の退位日は政令で定めることを
法案に明記する。

陛下の退位日を定める政令は、閣議決定前に、皇族や首相、
衆参両院の正副議長、最高裁長官らがメンバーを務める皇室会議に
諮ることも検討している。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00050130-yom-pol
263: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 17:47:02.62 ID:7GZNPNK20

>>1
なんで外部でどんどん譲位の話進めてんだよ。
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ