b192

1: 腐乱死体の場合 ★ 2016/08/09(火) 19:18:30.74 ID:CAP_USER9

天皇陛下の脇にあった「皿」と「石」 ネットで「特定」進む

天皇陛下が自らのお気持ちを表明したビデオメッセージは、
発言内容そのもの以外にも、ネット利用者にとって多くの点で関心を呼んだ。
テレビ各局がつけたテロップや、天皇陛下の背後に映り込んでいる皿や石といった物体などだ。
放送が始まってからまもなく、背景に映った「物体」について
具体的な分析が進んだ。ネット上では「特定班」への称賛の声も上がる事態となった。

まず、「特定」が進んだのが、宮内庁が2016年8月8日15時に公表したビデオで、
天皇陛下の右側に映っていた皿だ。早くも15時5分にはツイッターに

“「柿釉と縄文象嵌の技法から推し量るに、
益子焼の人間国宝、故・島岡達三の作品ではないかと思われます」
という声があがり、15時39分には写真とともに「柿釉象嵌大鉢」と
呼ばれる作品なのではないか、という指摘が出た。

島岡氏は07年に死去しているが、天皇皇后両陛下は1996年に
栃木県益子町にある島岡氏の工房を視察している。
その次に話題になったのが、天皇陛下の左側に映っている石のようなものだ。
石を室内に飾って楽しむ「水石(すいせき)」の一種で、18時前には

“「この石は虎石と呼ばれるもので、恐らく滋賀県の瀬田川産ではないかと思われます」
といった声が出た。これ以外にも、マイクやカメラの機種を推測する声も出ており、
様々な分野で「推測合戦」が盛り上がった。

一連のツイートには、
“「面白かった。好きこそものの上手なれの集合知」
「皿やマイクはともかく、石の産地が瀬田川だとか、
映像からカメラの型番だとか、特定班はすごいなぁ」
といった声が相次いだ。

<続きます>
続きを読む