国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________

節分

食べる人が減り店は売れずに捨てる農水省は大量廃棄にブチギレる恵方巻とかいうイベント明日開催です

b664

1: 名も無き国民の声 2019/02/01(金) 07:25:43.10 ID:PivRXiDJ0● BE:659060378-2BP(8000)

185: 名も無き国民の声 2019/02/01(金) 08:23:56.36 ID:MK5GDWv10

>>1

はい。製造業者です
この時期このおかげで仕事忙しいんですよ
工場の時点で滅茶苦茶廃棄出るのに

483: 名も無き国民の声 2019/02/01(金) 10:14:40.43 ID:tgSjnx200

>>1

この調査ホントなんかな?
4割超える日本人が参加する風習で、
恵方巻きが余るのか?
続きを読む

【日本/文化】日本人はなぜ豆を投げるのか?“節分”民俗学から見えて来る日本独自の『穀霊信仰』

b644

1: coffeemilk ★ 2015/02/03(火) 13:13:09.78 ID:???*.net BE:287993214-2BP(1012)

2月3日は節分。
「福は内、鬼は外」と掛け声をかけながら豆まきをして
鬼や邪気を退散させる行事は、いかにも華々しい。

ところで日本人はなぜ豆を投げるのか、
国立歴史民俗博物館などで研究を続けてきた
民俗学の新谷尚紀・国学院大学教授に「節分」にまつわる疑問を解いてもらった。

「日本人独特の『穀霊信仰』の表れ」と新谷教授は解説する。
農耕民族として長い歴史を持つ日本人は、
「五穀」(米、麦、ひえ、あわ、豆)に災いを払う霊力があると信じてきた。

古事記には米をはじめ穀物に由来のある神様が登場する。
今日でも神社などでは「散米」の行事が執り行われる。
祓(はら)いや清めの目的で米をまき散らし、
米の霊力によって悪魔や悪霊を退散させるわけだ。

さらに進んで日本人は酒やご飯などのいわば加工品にまで
ある種の霊力が備わっていると見なしてきた。
「大豆の霊力を利用するのは『散米』と同じ」(新谷教授)なわけだ。

豆まきの習俗は室町時代には定着していた。
「看聞御記」と呼ばれる当時の皇族の日記には
応永32年(1425年)1月8日の節分に「鬼大豆打」と記されている。
さらに室町後期に武家の礼法について書いた「今川大双紙」という書物にも
「節分の夜の鬼の大豆をも、御年男きんずる也」とされている。

ただ「豆まきには鬼を払う意味と、豆を投げ与えて
恵んでなごませる意味の2つがある」と新谷教授。
戦国期の連歌師・宗長が
「福は内へ いり豆の今夜もてなしに 拾ひ拾ひや 鬼は出(いず)らん」
と節分を詠んだ一首がある。

鬼が豆を見て「これももてなしか」と拾って食べていくうちに
家から出て行くというユーモラスな内容だ。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO82689580S5A200C1000000/
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ