国家総動員報梅

1: 名も無き国民の声 2017/10/29(日) 15:05:26.31 0

水産ねり製品の購入金額は1人当たり年間3,000円、
1世帯にすると約9千円というのが、最近の動向です。80年代は、横這いで推移し、
バブル以降、ちょっと上昇傾向がみられたものの、そのあとの
ジリ貧傾向が気になるところではあります。購入頻度では、かまぼこを例にとると、
20年ほど前には、年間24回。つまり、月に2回かまぼこを買っていましたが
99年では14.7回と、ほぼ1ヶ月に1回強と半減したかたちです。
また、高齢者ほど水産ねり製品を購入しており、若者から敬遠されがち
というのも将来を考えると残念な傾向です。

地域別では、長崎、仙台、松山といったところが、
かまぼこの購入金額の高い地域です。
あげかまぼこでは鹿児島市が突出しています。
総じて、西の方での消費金額、消費量とも高いという結果がはっきり出ています。
それだけ、水産ねり製品が西日本地区の日常生活に
密着しているということなのでしょうか。 
http://www.zenkama.com/deki/consumption/

2: 名も無き国民の声 2017/10/29(日) 15:05:54.13 0

うどんに入れるから毎週買ってるな

3: 名も無き国民の声 2017/10/29(日) 15:06:50.85 0

お雑煮に入れるだけだな
続きを読む