国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________

西郷隆盛

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「西郷隆盛に贈られた猫の骨と皮と台湾の酋長」

国家総動員報

908: 名も無き国民の声 04/11/09 23:35:23 ID:???

甘粕正彦は骨折により乗馬が出来ず
憲兵になったワケだが 
  
憲兵になってからは「足が不自由だから」
自宅から乗馬して出勤していた。

910: 名も無き国民の声 04/11/10 00:28:31 ID:???

>>908

わろた
続きを読む

【軍事雑学】信じられないが、本当だ「モンゴルの首都にある西郷どんの銅像」

国家総動員報

349: 名も無き国民の声 04/10/28 19:31:57 ID:???

モンゴルの首都ウランバートルには
西郷隆盛の銅像がある。

351: 名も無き国民の声 04/10/28 19:43:01 ID:???

>>349

西郷どん、何でまたモンゴルにおわすの?
続きを読む

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「巡洋艦「畝傍」と西郷隆盛」

b260

792: 本当にあった怖い名無し 2006/12/04(月) 23:55:56 ID:NoUvyUGB0

植芝盛平の弟子の塩田剛三もオカルト

http://www.youtube.com/watch?v=eDC2MS5wozI


824: 本当にあった怖い名無し 2006/12/08(金) 20:48:32 ID:EApI8lco0

>>792

うちの親父、血気盛んな頃「なにが合気道だ」と
機動隊に教えに来ていた塩田剛三に挑んで
けちょんけちょんにされたらしい。
一応当時柔道四段で特錬の選手だったらしいけど
全然歯が立たなかったそうだ。
そんな親父は今六段、俺は親父に歯が立たない
(俺は三段だけど)。orz
続きを読む

西郷どんの征韓論に異説!長州閥の策略?本当は反対派?

no title

1: ばーど ★ 2017/07/02(日) 14:04:26.97 ID:CAP_USER9

征韓論にまつわる年表など 
 
維新の立役者・西郷隆盛(1828~77)が唱えたと言われ、
明治政府が割れる契機になったとされる、朝鮮出兵を前提とした「征韓論」。
が、最初に唱えたのは西郷ではなく、西郷は平和的解決を
目指していたとの説が注目されている。

一般に言われる「征韓論」は、武力をもって当時鎖国状態にあった朝鮮を
開国させようとした政策のことだ。維新三傑の1人で、
明治政府の参議・陸軍大将を務めた薩摩出身の西郷隆盛が唱えたとされる。

これに基づいて1873(明治6)年、
朝鮮への西郷の使節派遣が閣議決定された。
だが、欧州視察から帰国した大久保利通や木戸孝允ら、
国内整備を優先する「内治派」が反対。
政争に敗れた西郷や板垣退助、江藤新平らは政府の職を辞し、
鹿児島で西郷らが蜂起する西南戦争(1877年)へ至る契機となった。
「征韓論政変」「明治6年政変」とも呼ばれる。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.asahi.com/articles/ASK6X43L8K6XULZU00H.html
続きを読む

西郷隆盛にそっくりな曽孫が同窓会構想 西南戦争で分断の薩摩藩士子孫

no title

1: アザラシ伍長 ★ 2017/05/13(土) 09:59:00.80 ID:CAP_USER9 BE:163221131-PLT(33337)
  
 
薩摩藩士の子孫同士で語り明かしたいと話す西郷隆文さん=日置市 
  
西南戦争で断ち切られた薩摩藩士の絆を結び直したい――。
西郷隆盛の曽孫(ひまご)で陶芸家の西郷隆文さん(69)=鹿児島県日置市日吉町=が、
幕末・明治の藩士の子孫同士で集い、語り合う「同窓会」の構想を練っている。
明治維新から150年の節目を迎える来年の実現を目指している。 
  
薩摩藩士の「分断」になったのは、1877(明治10)年に
西郷隆盛や篠原国幹、村田新八、桐野利秋らが率いる薩摩軍が、
明治新政府に対して挙兵した西南戦争だ。 
  
新政府側には、西郷の盟友である大久保利通や幼少期からの親友吉井友実、
後に内閣総理大臣になる黒田清隆、初代警視総監を務める川路利良らがおり、
西郷の実弟である西郷従道、いとこの大山巌もいた。 
  
肉親や友人が敵味方に分かれた戦いは、新政府軍の勝利で終わった。 
隆文さんは「勝ち負けに関係なく双方に負い目やわだかまり、
しこりのようなものが残ったのではないか」ととらえている。 
  
全文は下記のドレスへどうぞ
http://www.asahi.com/articles/ASK4S329XK4STLTB001.html?iref=sptop_8_04
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ