国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________ ________________________________________________________________________________

訓練

【失敗も訓練の内!】陸自車両が防災訓練準備中に水没「災害時役立つのか」 - 福岡【本番に活かせばそれで良し!】

b66

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/08/30(土)13:42:59 ID:???

飯塚市立岩の遠賀川河川敷で、31日の市総合防災訓練へ向けて
仮設の橋を架ける準備をしていた陸上自衛隊湯布院駐屯地(大分県由布市)の
大型車両の後部が川に落ち、陸自が29日、引き上げ作業にあたった。

b65







川に落ちたのは仮設橋の脚が倒れたため。
訓練は災害で壊れた橋の代わりに仮設橋を架ける想定だっただけに、
市民からは「緊急時に役立つのか」と不安の声が出ている。
 
陸自第5施設団広報班(小郡市)や飯塚市によると、28日午前11時ごろ、
防災訓練での架橋実演の準備作業として、
幅約70メートルの遠賀川に鉄製板(長さ10メートル、幅3・75メートル、重さ約6トン)
8枚を使って橋を架ける途中、橋脚が倒れ、
鉄製板を運んでいた車両の後部が水没した。

原因について、市の防災担当者は
「川底の地盤が緩かったためではないか」と話している。

陸自は29日、ブルドーザーでけん引しようとしたが、作業は難航。
30日に民間の大型クレーン車でつり上げる予定。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/111055
引用元
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409373779/l50

2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)13:46:22 ID:YnG14hTOF

原因究明して本番ではミスしないようにな。
訓練ってこういう事を炙り出す意味も有るから次に生かしてくれ。

3: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)13:47:37 ID:AhTDvXXA2

そのための訓練なのにねぇ、市民さん?(´・ω・`)

4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)14:20:09 ID:CwSyTidLt

自称"市民"が文句言って装備品の更新が滞ってるのが原因なんじゃない?

5: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)14:36:13 ID:fFGNdVQYV

韓国人と同じレベルに落ちていないか?
訓練だからといって手を抜かないで欲しい。

15: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)20:47:40 ID:6EDmmhHZu

>>5

君、思考が相当に韓国面に落ちてるぞ
少しここから離れた方がいい
続きを読む

【/);`ω´)<頑張って下さい!】自衛隊の離島上陸訓練、米を意識?“戦う意志を示している”と米専門家

b105

1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2014/08/01(金)00:29:10 ID:???

自衛隊は7月、アメリカやその他の国と、ハワイで上陸訓練を行った。

29日の演習では、ヘリコプターから自衛隊員による偵察隊が砂浜近くの海に降下。
自衛官らは膨張式いかだに乗り込み、米、豪、インドネシアの軍が
水陸両用車で上陸する前に浜の偵察を行った。

上陸作戦の演習は、自衛隊にとっては比較的最近になってのことだが、
中国と領有を巡り対立している小さな島々での防衛能力を
向上させようとの考えからだ、とAP通信は報じている。

日本政府は既に、離島の奪還作戦などを念頭に、
2018年までに垂直離着陸輸送機「オスプレイ」を17機購入することを決めている。
また、離島での紛争に備え、上陸訓練を強化している。

ホノルルに拠点を置くシンクタンク「パシフィック・フォーラムCSIS」の
ブラッド・グラッサーマン氏は、日本政府は中国が島々に
軍隊を上陸させるのではないかと恐れており、
日本はそれを防ぐために戦わなければならない、と述べた。

「(領土問題を巡っては)一触即発の状況にある。
それゆえに日本の主張に対抗しようとする国を、
中国であれ他国であれ追い払うための備えをしておく必要がある」(AP)

日本の自衛隊は長年、北海道など北方の島で
ソビエト連邦との冷戦の脅威に対抗することに重点を置いてきた。
しかし、中国軍の拡大により、国土の南にその関心は移った、とAPは指摘。

安倍晋三首相は2013年12月、自衛隊の中に
新しい上陸作戦部隊の創設を考えていると述べた。
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、
新部隊は、全ての離島へのいかなる侵略に対しても瞬時に奪還を図るためだという。

第3護衛隊群司令、中畑康樹海将補は、
合同演習では自衛官らが自身の技能を磨く良い機会となっている、と述べた。
同氏は、訓練の内容について
「素晴らしかった。自信を持って任務を続けて欲しい」
と自衛官らを鼓舞した(AP)。

同じく訓練に参加した米太平洋海兵隊のリチャード・シムコック副司令官もまた、
日本の自衛隊の能力はどんどん向上していると、賞賛した。
「侍の姿を見た。今ここで言っておくが、
その時がくれば、我々が共通のあらゆる敵に対し
一致団結して戦うことを楽しみにしている」(AP)

グラッサーマン氏は、合同演習は日本が
相手国からやり方を学び習得するためだけではなく、
同盟国であるアメリカ側に日本は戦う意志があるのだと示すことにもなる、としている。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://newsphere.jp/politics/20140731-5/
引用元
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406820550/l50

4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)00:51:03 ID:HC2HBIh9e

>>1

現実に竹島を不法占拠されて対馬や尖閣まで狙われてるんだから当然だろ?
お前らの海兵隊の代わりをするためじゃ無いよw

2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)00:32:34 ID:i9Mctbbo1

頑張れ!自衛隊!
続きを読む

【 離島訓練=島民全滅←? 】「外交の失敗を前提とした島民全滅作戦だ!」離島奪還訓練は危機感を煽る印象操作だ!

k185

1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/25(日)13:09:24 ID:EwiTR7nOH

東シナ海の緊張と混迷が深まり、
日中双方に疑心暗鬼ばかりが募る事態を強く危惧する。

防衛省は、鹿児島県・奄美群島の無人島、江仁屋離島(えにやばなれじま)で、
陸海空の3自衛隊が連携した離島奪還訓練を27日まで実施している。
尖閣諸島をめぐって日中関係が悪化する中、海洋進出を強める中国を
けん制する狙いがあるのは明らかだ。

時を同じく東シナ海の北方では、中国海軍とロシア海軍が
合同軍事演習を26日まで実施している。
こちらも日本と米国をけん制する意図がある。

日中双方の軍事的な威圧行為は、いたずらに緊張関係を高め、
対話による問題解決を遠ざけるだけだ。
無用な危機をあおる軍事訓練を日中両国は厳に慎むべきだ。

実際、中国脅威論が喧伝(けんでん)されることで県民感情も悪化している。
県が昨秋実施した県民意識調査で、中国に「良くない」印象を持っている人が
89・4%に上った。しかしながら対立がエスカレートすれば、
真っ先に狙われ被害を受けるのは軍事基地が集中する
沖縄であることを決して忘れてはなるまい。

そもそも離島奪還とは、領土・領海を防衛する国家主義的な目線でしかなく、
住民の安全は二の次、三の次であり、場合によっては島の全滅をも想定するものだ。
外交の失敗を前提とした島民全滅作戦と置き換えてもいい。

安倍晋三首相は「国民の生命と財産を守る」と繰り返すが、
その中に沖縄県民が含まれているのか甚だ疑問だ。

離島奪還作戦は机上の空論でしかなく、訓練の実行はまやかしだ。
国民の危機意識に訴え、「戦争ができる国」への
政策転換を正当化するための印象操作でしかない。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-225921-storytopic-11.html

続きを読む

【空の神兵!頼もしい!】自衛隊で唯一のパラシュート降下部隊、陸上自衛隊「第1空挺団」 離島防衛を想定した訓練を船橋市で公開

b963

1: 依頼327@ウィンストンρφ ★ 2014/01/12 18:14:44

自衛隊で唯一のパラシュート降下部隊、陸上自衛隊「第1空挺団」が、
離島の防衛を想定した訓練を公開しました。

陸上自衛隊「第1空挺団」は、上空を飛行する航空機から
パラシュートで離島などに降下し作戦を行う部隊で、
毎年1月に千葉県船橋市の習志野演習場で訓練の様子を公開しています。
ことしも去年に続いて離島の防衛を想定した訓練が行われ、
ふだん、尖閣諸島などの監視飛行に当たっている
海上自衛隊のP3C哨戒機が上空を飛行しました。

東京タワーとほぼ同じ高さの340メートルの上空を飛行する輸送機や
ヘリコプターから隊員が次々に飛び出し、一部の隊員は、
海に降りることも想定してウエットスーツを身に着けていました。

訓練のあと、小野寺防衛大臣は
「きょう、尖閣諸島で中国公船による領海侵入がことし初めて起きるなど、
わが国を取り巻く大変厳しい安全保障環境の下、
第1空挺団の役割はこれまで以上に重要になると考えている。
ことし1年訓練に励み、国民の信頼と期待に応えてほしい」と訓示しました。

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140112/k10014440631000.html
続きを読む

【日印共同訓練】中国脅威を念頭 海上自衛隊とインド海軍が共同訓練実施 対水上射撃、対潜水艦戦も

b22

1: 壊龍φ ★ 2013/12/21 17:53:47

【ニューデリー=岩田智雄】
海上自衛隊とインド海軍は21日、インド南部タミルナド州チェンナイの沖合で、
2国間共同訓練を開始した。昨年6月に相模湾で実施して以来2回目で、
インド側では初めて。前回なかった対水上射撃などを盛り込んだ本格的な訓練となった。
両国とも特定の国家の脅威を想定したものではないとしているものの、
海軍力を増強する中国の台頭を見据えた動きといえる。

訓練は非公開で行われ、在インド日本大使館によれば、
日本側から「ありあけ」と「せとぎり」の護衛艦2隻、
インド側からは駆逐艦、フリゲート艦、コルベット艦計3隻が参加した。
前回実施した、艦艇が陣形を一直線に整えたり、同時に針路を変更したりする
艦隊行動の戦術運動訓練に加え、海上の艦船を攻撃する対水上射撃や
海中の潜水艦を捜索し攻撃する対潜戦の訓練も行い、
日程も22日までの2日間と1日長くなった。
不審船などを捜索する立ち入り検査も訓練した。

安倍晋三首相は今年5月、訪日したインドのシン首相と会談し、
2国間の共同訓練を定期点かつ
より頻繁に行うことをうたった共同声明を発表していた。


msn産経ニュース: 2013.12.21 17:23
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131221/asi13122117240000-n1.htm
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ