国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/10/11(水) 22:30:17.38 ID:CAP_USER9
 
天皇皇后両陛下は、11日、皇居で太平洋戦争で犠牲になった
民間の船員らを慰霊するために作られた能楽を鑑賞されました。
両陛下は、11日午後、秋篠宮ご夫妻などの皇族がたとともに、
皇居にある音楽堂「桃華楽堂」に到着されました。

上演されたのは、太平洋戦争で軍に徴用されて
軍事物資の輸送などにあたり、攻撃を受けて犠牲になった
6万人を超える民間の船員らを慰霊し、
平和を祈るために作られた能楽「海霊」です。
両陛下は、これまで、神奈川県横須賀市にある
船員らの慰霊碑を繰り返し訪れるなど犠牲者に心を寄せ続けていて、「
海霊」をご覧になるのも今回が3度目です。
会場では、笛や太鼓の音が響く中、能楽師らが
鎮魂と平和への祈りを込めた謡や舞を披露し、
両陛下は盛んに拍手を送られていました。

天皇陛下は、戦後70年のおととしの記者会見で、
当時の船員たちの気持ちを思い、「本当に痛ましく思います」と話していて、
会場をあとにする際には、皇后さまとともに遺族らに丁寧におじぎをされていました。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011175001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020 
続きを読む