国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________
イメージ

BC級戦犯

BC級戦犯の学徒の獄中記など500点が見つかる「あきらめど なほ口惜しき我なれや 命令なくばかくなきものを」

b775

1: ばーど ★ 2017/06/19(月) 11:45:45.51 ID:CAP_USER9

太平洋戦争中に学徒出陣し、捕虜のアメリカ兵の虐待に加わったとして
横浜裁判でBC級戦犯として裁かれた元学徒の獄中の手記などおよそ500点が見つかり、
専門家は、判決を待つ若者の心境を伝える貴重な資料だとしています。

資料は、終戦直前の昭和20年8月10日ごろ、
福岡市郊外で捕虜のアメリカ兵の虐待に加わったとして、
横浜裁判でBC級戦犯として裁かれた
元学徒の大槻隆さんが残した手記など、およそ500点です。
遺族が兵庫県内の自宅で見つけ、大槻さんの母校の立命館大学に寄贈しました。

学徒出陣のあと、福岡の陸軍司令部に配属された大槻さんは、
戦後、収監された巣鴨プリズンで多くの歌を手記に残し、
「あきらめど なほ口惜しき我なれや 命令なくばかくなきものを」など、
上官の命令に従ったことを悔やむ気持ちをつづっています。
また、ほかの戦犯に死刑が言い渡される中、法廷で判決を待つ心境もつづられ、
「いささかの なごみも消えて下腹の 冷えゆく覚ゆ死刑宣告」など、
死の恐怖に直面し、葛藤する胸のうちが記されています。

大槻さんは重労働30年となりますが、判決の7年後に仮出所し、およそ30年間、
ふるさとの高校で教員を務め、平成9年に75歳で亡くなりました。
横浜裁判に詳しい間部俊明弁護士は「被告席に座らされた若者の
偽らざる声が伝わってくる内容で、非常に貴重な資料だ」と話しています。

「戦争は正しい判断ができないようにする」

大槻隆さんの長女で、手記を寄贈した番匠ますみさん(51)は、
父は家族の前で戦争の話をほとんどしなかったものの、
小学生の頃、問わず語りに、「兵隊だったときにアメリカ人の捕虜を
撃たなければいけないことがあり、撃ちたくなかったが、しかたがなく撃った。
上からの命令は絶対で、逆らえる状況ではなかった。
戦争は人が正しい判断をできないようにしてしまうと言っていた」と話しています。

また、BC級戦犯として裁かれたときのことについて、
「死刑になると思っていたので怖かったと言っていた」と話しています。 
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
続きを読む

元BC級戦犯「靖国に眠る英霊の尊い犠牲のおかげで今の日本がある、と言って美化する風潮はおかしい」

b972

1: メンマ(庭) 2016/10/16(日) 14:26:57.30 ID:hCRQtyAr0 BE:528692727-BRZ(11000) ポイント特典

亡くなった元BC級戦犯・飯田進さんが残した魂の文章

13日、元BC級戦犯で、戦争体験を著書としてまとめ、
また講演活動などでも語り継いできた飯田進さんが、93歳で亡くなった。

飯田さんが戦争についての記録を残そうとした背景には、強烈な怒りがある。
自身の体験をまとめた『地獄の日本兵 ニューギニア戦線の真相』は、
「戦闘ではなく飢えと疲労と病で死んだ」兵士たちの無念が伝わってくる力作である。

これまで、私の体験と元兵士たちの記録をたどって、
ニューギニア戦線の実相を描いてきました。
それは、勇戦敢闘したある兵士の物語ではなく、
飢えて野垂れ死にしなければならなかった大勢の兵士たちの実態です。

重ねて強調しておきますが、これはニューギニアに限りません。
太平洋戦争戦域各地に共通していたことなのです。
二百数十万人に達する戦没者の大多数が、本国から遠く離れて、
同じような運命をたどらされたのでした。

この酷いとも凄惨とも、喩えようのない最期を若者たちに強いたことを、
戦後の日本人の大多数は、知らないまま過ごしてきました。この事実を知らずに、
靖国問題についていくら議論をしても虚しいばかりだと私は思います。

戦後、とりわけバブル景気華やかだったころ、数多くの戦友会によって
頻繁に行われた慰霊祭の祭文に、不思議に共通していた
言葉がありました。

「あなた方の尊い犠牲の上に、
今日の経済的繁栄があります。どうか安らかにお眠りください」

飢え死にした兵士たちのどこに、経済的繁栄を築く要因があったのでしょうか。
怒り狂った死者たちの叫び声が、聞こえて来るようです。
そんな理由付けは、生き残った者を慰める役割を果たしても、
反省へはつながりません。逆に正当化に資するだけです。
実際、そうなってしまいました。

なぜあれだけ夥(おびただ)しい兵士たちが、戦場に上陸するやいなや
補給を断たれ、飢え死にしなければならなかったのか、
その事実こそが検証されねばならなかったのです。
兵士たちはアメリカを始めとする連合軍に対してではなく、無謀で拙劣きわまりない
戦略、戦術を強いた大本営参謀をこそ、恨みに怨んで死んでいったのです。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://news.ameba.jp/20161014-1052/
続きを読む

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「笹川良一と米兵にお灸をすえた戦犯容疑者」

b642

576: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/07/16 02:43 ID:1IOq8tpA

腰痛の米兵にお灸してあげたら
後になってそれも捕虜虐待とされて
そいつは火あぶりにされたとか。。。
続きを読む

皇軍兵士は凄かった…BC級戦犯「最期の言葉」不当な裁判で戦犯死刑囚となるも“処遇に対する感謝の言葉”を残す

b443

1: ミントソーダ ★ 2015/11/29(日) 19:52:28.92 ID:CAP_USER*.net

BC級戦犯の「最期の言葉」 米軍公文書で判明

第2次世界大戦のBC級戦犯として、
米軍によるフィリピンでの軍事法廷で死刑判決を受けた
元日本軍将兵らの刑の執行手続きに関する
米軍側の公文書が、29日までに見つかった。

58人分が確認され、うち19人について「最期の言葉」を記録。
多くが裁判への不満を表明する一方、処遇に対する感謝の言葉もあった。

戦犯死刑囚の執行直前の言葉を記した公文書が明らかになったのは初めてとみられる。
審理の公正さなどについて評価が分かれる
BC級戦犯裁判を当事者がどう受け止めていたのか、
一端がうかがえる貴重な資料だ。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015112901001323.html
続きを読む

【 悲痛…】B級戦犯として死刑執行された木村久夫(死刑当時28歳)が書いた旧日本軍部を辛らつ批判した遺書が見つかる

b891

1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/02(金)13:29:00 ID:Oa4fX8zQz

29日付の東京新聞は、京都帝国大学在学中に学徒兵に徴収され、
1946年にB級戦犯として死刑執行された木村久夫(死刑当時28歳)の
遺書の全内容が分かったと報じた。しかし、遺書が見つかった経緯は公開しなかった。

木村久夫は、「哲学通論」という本の余白に記した遺書で、
旧日本軍部について「自分た予測した通り、国を滅ぼした奴らで、
すべての飾りを剥いてみると、私欲以外に何もなかった」と批判した。

またA級戦犯の東条英機元陸軍大将については、
「軍人を代表する者として、彼の自殺(未遂)は何なのか。
無責任と言わざるを得ない。これが日本軍人の全て」だと皮肉った。

その上で「軍人たちが享受した栄華は全国民の犠牲の上でだった」とし、
「労働者や徴兵者の家族の家では食べ物が何もなくても、
何とか大将という者たちの家には肉も魚もお菓子も、いくらでもあった」と書いた。

木村は、「天皇の命令というものは軍閥の命令だった。
ただ、この命令に従わない者を処罰するときだけ、
天皇の権力というものが使われた」とし、
「軍部の暴走を容認した国民にも責任がある」と指摘した。

ベンガル湾近くのアンダマン・ニコバル諸島に陸軍上等兵として駐屯していた木村は、
原住民虐殺に関わった容疑で、戦後の軍事裁判で死刑判決を言い渡された。
原住民たちを尋問する際、通訳だけをしていたと主張したが認めてもらえなかった。

木村が死ぬ前に哲学通論に書き残した遺書は、その後、高校恩師に伝えられた。
恩師は、1948年に「新潮」という雑誌に「ある遺書に関して」
という名で内容の一部が公開されたが、軍部を批判した内容が落とされ、
一部内容は加筆が行われていたことが後になって判明した。

詳細のソース
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014043028198
引用元
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399004940/l50
続きを読む

【政治】韓国人の元BC級戦犯が有田芳生氏を訪問…有田氏、韓国人元BC級戦犯問題に対応しない安倍政権を批判

b328

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/02/15(土) 17:55:00.61 ID:???0
 
日本の各地で大雪が降った2月14日、民主党の有田芳生参院議員は
韓国人の元BC級戦犯が同氏のもとに訪れたことをツイッターで明かした。
同日午後12時20分、有田氏は以下のようなツイートを投稿した。

「雪の中を韓国人元BC級戦犯の李鶴来さん(89)が来訪。
私が提出した質問主意書へのお礼のためだった」

さらに、有田氏が提出した「韓国人元BC級戦犯者問題に関する質問主意書」のURLを貼り、
「日本のために働き、戦犯となった韓国人に対していかに冷たい対応か。
安倍政権の体質がここでも現れている」と、韓国人元BC級戦犯問題に
対応しない安倍政権を批判した。

今年1月26日に参議院に提出されたこの質問注意書は、
「軍属傭人」という立場で、日本軍に従事した朝鮮半島や
台湾出身の元BC戦犯に対する正当な措置を、日本政府に求めるのが目的。

「『慰安婦』や強制連行・強制労働事件と異なり、
戦犯者に関する資料は連合国による裁判資料もふくめて数多く保存されており、
事実関係をめぐっての争いは少ない」として、人道的・政治的見地から新たな措置を
採ることへの障害が何かを質問している。

ソース:http://yukan-news.ameba.jp/20140215-87/
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ